2020年1月30日 更新

御朱印をもらうときに押さえておきたいマナーや注意点!

最近、「御朱印集め」ってよく耳にしませんか? お寺や神社などの仏閣にお参りした際にもらえる御朱印を集めるというものですが、数年前から性別年代問わず人気を集めています。 いわゆるスタンプラリーとも言える神社やお寺の御朱印は、コレクション願望を十分満たしてくれるものですが、一方でマナー違反をする人がいて問題視されてもいるようです。そこで今回は、御朱印集めをする際に覚えておきたいマナーや注意点についてご紹介します。

343 view お気に入り 0

参拝をせず御朱印だけもらうのはご法度

 (5483)

御朱印集めが人気になればなるほど、御朱印の持つ意味が曖昧になっていますが、本来御朱印とは「神社仏閣に参拝した証」です。そのため、参拝をしないまま御朱印だけをもらおうとする行為はマナー違反です。

御朱印をもらう際には、しっかり参拝をしてから授与所へ向かうのが一般的。同様の理由から、「御朱印の郵送」は健康上の理由などがない限り対応していない寺社がほとんどのため、わざわざ外出するのが億劫だからと、郵送をお願いするのはやめましょう。

また、最近では御朱印をフリマアプリなどで売買している人もいます。出品するのも、入手するのも、マナー違反ということは認識しておきましょう。

住職や神職のことを考えた振る舞いを心がけよう

 (5486)

御朱印は、住職や神職の方が一枚一枚を丁寧に書いています。ただし、住職や神職もさまざまな業務をしているため、寺社が開いている時間であっても対応が難しい場合があります。住職や神職のことを考え、開門直後や閉門直前、お昼休み中などは避けるようにする姿勢が大切です。

また、少しでも時間を短縮するため、御朱印代の支払い方にも注意を払うと寺社側からも好感を持ってもらえます。御朱印の料金は300~500円程度が多く、事前に小銭やお札の両替をしておくと親切です。大きくても1000円札までにするよう準備しましょう。

御朱印を書いてもらっている間、目の前で飲食や雑談をするのは失礼にあたります。御朱印作成はそこまで時間がかからないため、静かに待っているのが正しいマナーです。

御朱印がもらえない場所もあると理解しよう

 (5489)

最近では多くの寺社が御朱印作成をしてくれますが、なかには御朱印を受け付けていない寺社も存在します。特に浄土真宗の本願寺派であるお寺では、御朱印はもらえません。また、大谷派の寺院も同様に、訪れても御朱印はもらえることはないと知っておきましょう。
こうした寺社に足を運んで御朱印をお願いするのは失礼にあたるため、事前にしっかりとそれぞれのマナーをリサーチしておくことが大切です。

マナーを守って御朱印をもらおう!

最近では御朱印集めを趣味とする人も増えており、仲間と一緒に寺社を訪れる人も多いと思います。
今回ご紹介したマナーをきっちり心がけておけば、受け付けてくれる寺社でも気持ちよく御朱印を書いていただけると思いますので、寺社に足を運ぶ際の参考にしてみてください。
でも、本来の目的はあくまでも参拝であることを忘れないようにしましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スニーカーを洗う時に洗剤は必要?正しい洗濯方法や乾かし方について解説

スニーカーを洗う時に洗剤は必要?正しい洗濯方法や乾かし方について解説

意外と注意点の多いスニーカーの洗濯方法。乾かしづらかったり、素材によって洗い方を変える必要があったりと、気をつけるべきポイントはいくつかありますが、ちゃんとお手入れすれば長く愛用できますよ!ここでは、春夏のおしゃれでも活躍する、スニーカーの洗濯方法を徹底解説!洗う際に洗剤を使った方が良い場合や、正しい乾かし方について紹介します。
2022年10月に変わった児童手当!変更点や注意点とは?

2022年10月に変わった児童手当!変更点や注意点とは?

子育て家庭にはうれしい児童手当ですが、2022年10月に改正児童手当法が適用され、所得制限が設けられました。そこで今回は、児童手当制度の変更点や所得制限について紹介します。
カジスマ編集部 | 13,176 view
今、始める家庭菜園!ポイントや初心者にオススメの野菜や果物は?

今、始める家庭菜園!ポイントや初心者にオススメの野菜や果物は?

天気が良い日が続くと、植物も生き生きとして見えるもの。そこで趣味として家庭菜園を始めてみませんか? ここでは、家庭菜園を始める際におさえておきたいポイントや、オススメの野菜や果物について紹介します。
いつでも始められる!生涯スポーツを趣味にして健康的な生活を

いつでも始められる!生涯スポーツを趣味にして健康的な生活を

近年、新型コロナウイルスが流行していることもあり、健康意識が高まったという方も多いでしょう。そんな今だからこそ、健康維持のためにスポーツを趣味として生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。体を動かすことは、健康の維持はもちろん、メタボやロコモの予防・改善にも欠かせません。ここでは、年齢に関係なくいつでも始められる趣味にぴったりなスポーツを紹介します。
2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げ!2023年の成人式はどうなる?

2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げ!2023年の成人式はどうなる?

成人になるということは、一人前の大人として扱われ始める人生においての大きな節目。今までは20歳から成人として扱われていましたが、法改正によって令和4年度からは成人年齢が18歳へと引き下げられることになりました。そこで気になるのが、成人年齢引き下げによる変化や成人式の扱い。今回は、成人年齢引き下げの影響についてまとめてみました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部