2017年4月24日 更新

仕事を効率的に行える人と行えない人の決定的な違いとは?

世の中には効率的に仕事を行える人と行えない人がいます。実際に働く上でも、普段から仕事をより効率的かつ無駄なくこなすことができたら自分自身もストレスなく過ごせるかもしれません。新しいシーズンを迎え、後輩も増える時期だからこそ仕事の効率について考えてみてはいかがでしょうか。

108 view お気に入り 0

仕事の効率が悪い人の特徴

 (1292)

仕事の効率が悪い人の特徴としてあげられるのが、時間がないにもかかわらず、すべてを処理しようとしているということ。これは一見、効率が良いやり方を追求しているようですが、優先順位を付けられずに効率が悪くなってしまっていることが多いようです。

また完璧主義者である故に、精度にこだわって時間をかけすぎてしまい、時間がかかった上にきちんと仕上がっていないケースもあります。丁寧に仕事を仕上げることはもちろん大切ですが、それと同じくらいに早く仕上げることも大切なポイントです。

さらに、仕事の全体を見ることができない人も効率が悪くなる傾向があるようです。たとえば、メモをとるのに夢中になり、話しがきけていなかったりと、細部に囚われすぎると、全体が見えなくなる傾向があります。細部に囚われすぎた仕事は全体的な効率が悪いと見なされてしまうのです。

仕事の効率が良い人とは

 (1293)

仕事の効率が良いと、複数のタスクを同時にできることにつながります。人は誰でも1日24時間しかもっていないので、複数のタスクを同時にこなしながら効率的な仕事が出来ることで、明らかに他の人と差がでてきます。

また悪い例で挙げた通り、仕事は細部だけを見るのではなく、全体を見渡せるようにならなければなりません。全体像が見えていると、仕事の優先順位も自然とつけることができるものです。

仕事の効率を改善するには

 (1317)

仕事の効率を改善する方法のひとつに断捨離があります。その名の通り、必要のないものは捨て、執着しないようにしましょう。効率の悪い人は、すべてのものを溜め込む傾向があり、必要なものと不要なものの区別ができないという傾向があります。

また、メールの回数を減らすということもポイントです。メールの返信に追われていると仕事をしている気分になりがちです。メールチェックする回数や時間を決めて、それ以外の時間は他の業務に集中することで効率が改善されるといわれています。

まとめ

今回ご紹介したように、効率の良い仕事が出来るか否かは、仕事の全体を見ることができ、取捨選択を上手に行うことで、ものごとに優先順位がつけられるかどうかにかかっています。仕事をする上で、これらの視点を意識して、自分の仕事のやり方を点検してみましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

意外と知らない?名刺交換時の正しいマナー

意外と知らない?名刺交換時の正しいマナー

ビジネスシーンで取引先と会った際、「名刺交換」はほぼ確実に行われるはず。しかし、機会が多いわりに、名刺交換のマナーをしっかり把握している人は意外と少ないかもしれません。もしかすると、知らない間に相手に無礼を働いてしまっている可能性もあります。一人前の社会人として、名刺交換マナーをきっちり把握しておきましょう。
満員電車での通勤には「薄型弁当箱」がおすすめ!

満員電車での通勤には「薄型弁当箱」がおすすめ!

節約のため、健康のためにお弁当を手作りして職場に持参する人もいるでしょう。しかし、毎日満員電車で通勤している人は、バッグの中のお弁当が横倒しになってしまい、おかずが偏ったり液漏れしてしまったりという嫌な思いをしたことがあるかもしれません。そんなアクシデントを防ぐために役立つのが、密閉型で内側に仕切りがあり、持ち運びに便利でかさばらない「薄型弁当箱」です。
職場での人間関係が悩み……解決の方法とは?

職場での人間関係が悩み……解決の方法とは?

仕事上での悩みを抱いている方は多いかと思います。中でも「人間関係の悩み」を抱えている方は多いのではないでしょうか。場合によっては仕事を続けるモチベーションを保てなくなるくらいの「人間関係の悩み」。解決するための方法はあるのでしょうか。
仕事でストレスをためやすいのはこんな人!しっかりと対策を!

仕事でストレスをためやすいのはこんな人!しっかりと対策を!

ストレス社会という言葉がすっかり定着した現代においては、自分に降りかかるストレスと上手に向き合い、コントロールしていくことが大切です。そこで、ストレスをためやすい人の特徴やコントロールする方法などをしっかりと知っておくとよいでしょう。
仕事が辛い……原因を突きとめて取り組み方を変えよう

仕事が辛い……原因を突きとめて取り組み方を変えよう

仕事が辛いと漠然と感じているだけでは疲れやストレスはたまる一方です。然るべき対策をとるためには、まず仕事が辛いと感じる原因をはっきりさせましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部