2020年4月4日 更新

キャリアアップを目指すなら取得したい資格とは

「今の仕事で成功したい」「異なる業界・職種への転職も検討している」など、仕事でキャリアアップしたい方は資格を取得して損はありません。ここでは、キャリアアップを目指す方におすすめの資格をご紹介します。

20 view お気に入り 0

資格選びのポイントとは

 (5205)

少しでも自分にプラスとなるようなキャリアアップを目指し資格取得を目指す方は、働きながら勉強することになるケースも。そのため、できれば高難易度過ぎずに、学校に通ったり、研修を受けたりしなくても取得できる資格を選びたいものです。そこで、働きながらキャリアアップを目指す方に対しておすすめしたい資格を4つピックアップしました。

TOEIC

 (5206)

TOEICは英語力を計る検定試験のひとつ。一定以上の点数を獲得すれば合格するという形式ではなく、取得した点数によって英語力を証明するためのツールです。

TOEICには受験資格の制限がないため、どんな人でも受験することができます。ビジネスでは業界を問わずどこでも通用する資格のため、英語力を伸ばしたい、アピールしたいという方はぜひ受験しましょう。

MOS

MOSとは「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の略称で、ExcelやWordなど、ビジネスには欠かせないツールを使いこなせるかどうかを問われる検定試験です。ExcelやWordなどに関する資格の中では最も知名度が高く、幅広い業界で通用します。

MOSに合格すれば、企業の経理部や事務職などでPCスキルをアピールすることができます。そうした職種への転職を考えている方はぜひ取得しておきましょう。

日商簿記

 (5207)

日商簿記は、簿記資格の中でも最もメジャーな資格です。経理の仕事には簿記のスキルが欠かせないため、経理職に就きたい方、経理部でキャリアアップしたい方は日商簿記取得をひとつの目標にしましょう。

宅地建物取引士(宅建)

主に不動産業界への就職・転職で保有していると高ポイントな資格が宅地建物取引士です。法律系の資格の中では比較的簡単に取得できるため、近年人気を博しています。とはいえ難易度は決して低くないため、特に法律初心者の方はしっかりと勉強して臨みましょう。

仕事に役立つ資格で自分の可能性を広げよう

働きながら資格を取得するのは大変ですが、取得した資格は必ず自分の可能性を広げてくれます。キャリアアップを目指すなら、ぜひ資格取得に向けて努力しましょう。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

疲れに悩んでいませんか?知っておきたい疲労回復の方法

疲れに悩んでいませんか?知っておきたい疲労回復の方法

仕事や日々の生活の中で溜まってしまう疲れ。休息をしっかりとれれば疲れを癒すことができますが、中には「疲れがとれない……」とお悩みの方もいるはず。疲れが残ったままでは仕事のパフォーマンスが上がらないだけでなく、体の不調につながる恐れもあります。まずは疲労について知り、効果的な疲労回復を行っていきましょう。
夏の通勤を少しでも快適に……おすすめのグッズを紹介!

夏の通勤を少しでも快適に……おすすめのグッズを紹介!

厳しい暑さが続く夏はできるだけ家にいたいと思っていても、仕事には行かなければいけません。リモートワークが増えたとはいえ、まだまだ出勤しなくてはいけない場面も多いはず。そこで今回は、夏の出勤を少しでも快適にするグッズを紹介していきます。
リモートワークをするなら快適な環境づくりを!

リモートワークをするなら快適な環境づくりを!

緊急事態宣言が発令されたのをきっかけに、本格的にリモートワークを取り入れられたという会社にお勤めの方も多いのではないでしょうか。しかし、家で仕事をするとなると周囲の環境が気になるという方も多いはず。そこで今回は、家でも快適に仕事をするためのポイントを紹介します。
御社と貴社の違いって?ビジネスメールで間違えやすいポイント!

御社と貴社の違いって?ビジネスメールで間違えやすいポイント!

社会人として、社外の人とビジネスメールのやり取りをする場合には、相手に失礼がないようにしなければなりません。敬語などの言葉遣いや言い回し、表現にも気を遣う必要があります。そこで今回は、ビジネスメールで間違えやすいポイントについて、例文なども交えつつ紹介します。
仕事中のブレイクタイム!食べるおやつのおすすめは?

仕事中のブレイクタイム!食べるおやつのおすすめは?

仕事中のちょっとしたブレイクタイムに食べたくなるおやつ。でもやっぱり気になるのは、カロリーですよね。そこで今回は、仕事中に食べるおやつは体に悪いのか、カロリーを気にしないで食べるならなにを選べばいいのかについて紹介しますので、参考にしてみてくださいね♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部