2019年3月2日 更新

実は汚れている!リュックの洗濯方法とは?

日常的に着用する服や下着などは頻繁に洗濯をしているはず。しかし、日常的に使用しているにも関わらず「リュック」に関してはあまり洗濯をしないのでは?一見汚れてないように思えるリュックも、実は汗を吸ったり汚れがたまっていたりするもの!今回はそんなリュックの洗濯方法についてご紹介していきます。

3,298 view お気に入り 0

リュックを洗う前の注意点!

 (3550)

まず、リュックを洗う前に洗濯絵表示を確認しておきましょう。素材が「ポリエステル」「ナイロン」「布」のリュックなどは洗濯できる可能性は高いですが、革が使用されているアイテムなど、ものによっては水洗いができないものもあるため注意が必要です。また、洗濯をするとプリント部分が剥げたり色落ちしたりする場合があるため、それを避けたいときには水に中性洗剤を溶かした洗剤液で部分的に拭き洗いするようにしましょう。

消しゴムやメラミンスポンジで汚れを落とす

生地表面の軽い汚れなどは、消しゴムやメラミンスポンジでこすることで落とすことができます。まずは目立たない部分で試してみて、大丈夫そうであればそれらを使ってみましょう。
消しゴムやメラミンスポンジで、ちょっとしたときにこまめに汚れを落とすようにしておけば、きれいな状態を保つことが可能です。

洗濯機で洗う場合

 (3555)

1.洗濯をする前にレザーパーツなど洗濯ができない部分を外しておきます。ファスナーの引き手なども可能であれば外しておくようにしましょう。この際に、汚れがひどい部分は洗剤液を使って拭いておくとしっかりと汚れを落とすことができます。

2.パーツを取り外したらリュックを裏返して、型崩れしないように洗濯用のネットに入れます。

3.洗濯機に入れ、手洗いコースなど優しく洗うことができるコースを選択します。汚れがひどいときはぬるま湯を使用し、念入りにすすぎをしておくとよいでしょう。洗剤は中性洗剤を使用し、漂白剤はシミの原因となることがあるため使わないようにします。

4.脱水は型崩れの原因になるため、脱水せずにリュックを取り出しタオルで水気を取ります。背中側のパット部分などは水を吸いやすいため、しっかりと手で水分を押し出しましょう。

手洗いで洗う場合

 (3558)

取れやすい装飾やウェーブ加工などが施されているリュックや型崩れが心配な場合は、少し手間はかかりますが手洗いを行うようにしましょう。

1.洗濯機で洗うときと同じようにレザーパーツなどを外し、汚れがひどい部分は洗剤液で拭いておきましょう。

2.リュックが浸るくらいの桶・洗面器などにぬるま湯を張り中性洗剤を加え、そこにリュックを浸けて押し洗いします。大きな桶や洗面器がない場合は浴槽で洗うとよいでしょう。

3.押し洗いで汚れが落ちてきたら、「汚れた水を抜き、きれいな水ですすぎ洗い」を水が濁らなくなるまで繰り返します。

4.すすぎ洗いが終わったら、リュックの水気をきります。背中側のパット部分などは水を吸いやすいため、しっかりと手で水分を押し出しましょう。

乾燥は日陰干しでしっかりと

洗った後は、水を吸ったリュックを風通しのよい日陰で乾かします。
リュックを干す際には逆さまにしてファスナーなどは全て開けておくと、内部に水がたまるのを防ぐことができ、より短時間で乾きやすくなります。生乾きは嫌な臭いの原因となるためしっかりと乾かしましょう。また、「直射日光が当てて干す」「乾燥機やドライヤーを使用する」といった乾かし方では、生地を傷めてしまう可能性があるため注意が必要です。

リュックも洗ってきれいに!

リュックの洗い方が分からずに、「リュックは汚れてきたら買い替える」という方も少なくないはず。しかし、やり方が判ったうえで、一度洗ってみればリュックの洗濯はそこまで難しいものではないかもしれません。
お休みの日にお気に入りのリュックを、洗濯してきれいにしてみてはいかがでしょうか?
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ウールコートを長持ちさせるお手入れ法とは?

ウールコートを長持ちさせるお手入れ法とは?

秋冬に大活躍するウールコート。できれば長持ちさせたいと思いつつ、どう手入れをしていいかわからずにすぐボロボロにしてしまっているという人も少なくないかもしれません。ウールコートをキレイな状態で長持ちさせたいのなら、季節ごとのクリーニングだけでは不十分。正しいお手入れ方法を知り、普段からのこまめな手入れで汚れを落としておくことが大切です。
カジスマ編集部 | 6,949 view
化粧ポーチ内側の汚れをキレイに落とす方法

化粧ポーチ内側の汚れをキレイに落とす方法

毎日触れる化粧ポーチは、どんなにお気に入りのものでも、1か月も使えば汚れがちです。せっかくいい化粧品を入れていても、ポーチ自体が汚いと気分が下がってしまいますよね。そこで今回は、多くの女性が悩んでいる「ポーチの汚れ問題」を解決する方法をご紹介します。
カジスマ編集部 | 6,151 view
シーツ・便座カバー・バスマット!適切な交換頻度とは?

シーツ・便座カバー・バスマット!適切な交換頻度とは?

夏になり、湿度や気温が上がってくると何かと気になる菌の増殖。食品の管理には「常温放置しない」「容器や包装は密閉する」などの共通認識があっても、菌が付きやすい日用品の交換には明確な決まりがなく、その頻度は個人の感覚に委ねられているのが現状ですよね。そこで今回はシーツや便座カバーはどのくらいの頻度で替えるべきかを調べてみました。
カジスマ編集部 | 2,516 view
あっ!やっちゃった!服についたシミの落とし方は!?

あっ!やっちゃった!服についたシミの落とし方は!?

普段気をつけていても、油が飛んだりコーヒーをこぼしたりして、服にシミを作ってしまうこと、ありますよね。「あっ! やっちゃった!」と慌てて拭いても汚れが落ちず、落ち込む人も多いのではないでしょうか。そんな人たちのために、今回は服についたシミの落とし方をご紹介します!
ネイルサロンいらず!自宅でのお手入れでキレイな「素爪」を保つ方法は?

ネイルサロンいらず!自宅でのお手入れでキレイな「素爪」を保つ方法は?

キレイな爪を保つのは女性にとって非常に大切なことです。しかし、社会人ともなるとネイル禁止の職場も多く、日々の忙しさもあってお手入れがついつい疎かになってしまうことも。また、結婚し子どもが産まれると家事や育児のためネイルができなくなってしまうという人も多いでしょう。そんな人たちのために、自宅でできるキレイな素爪を保つためのケアをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部