2019年4月27日 更新

意外と知らない?名刺交換時の正しいマナー

ビジネスシーンで取引先と会った際、「名刺交換」はほぼ確実に行われるはず。しかし、機会が多いわりに、名刺交換のマナーをしっかり把握している人は意外と少ないかもしれません。もしかすると、知らない間に相手に無礼を働いてしまっている可能性もあります。一人前の社会人として、名刺交換マナーをきっちり把握しておきましょう。

34 view お気に入り 0

ついやっているかも!?名刺交換のNGマナー

 (3905)

悪気はないにしても「知らなかった」では済まないのがビジネスマナーです。第一印象ともなる「名刺交換」という挨拶の機会に、相手に不快感を与えないためには、NGマナーを理解していないと相手を不愉快な気持ちにさせてしまいます。

NGマナーの代表例といえるのが「名刺入れ以外(財布・ポケット)から名刺を出すこと」です。見栄えが悪く、渡す名刺が折れていたり汚れていると相手の気分を害してしまう恐れがあります。社会人である以上、きちんとした名刺入れは準備しておきましょう。

また、名刺交換の際、「机を挟んで交換すること」もNGマナーです。こちらはテーブルやデスクを前にしていたりすると、ついついやってしまいがちですが、名刺交換はお互いの間に何も仕切るものがない状態が望ましいため、注意するようにしましょう。

名刺交換の正しいマナーとは?

 (3908)

名刺交換には、いくつかのマナーが存在します。まず押さえておきたいのが「訪問者側」から「格上の相手から順に」名刺を渡していくこと。たとえば相手側が部長と平社員だった場合には、まず部長に対して名刺を渡すようにしましょう。また、訪問者側が複数いる場合には、名刺交換は訪問者の中でもっとも格上の人から行うのがマナーです。

名刺交換をする際は、相手の名刺より低く自分のものを差し出すのがポイント。また、名刺を受け取る際には「ちょうだいします」とはっきり伝えるようにしましょう。お互いに名刺を差し出す状況の場合は、右手で自分の名刺を持ち、左手で相手の名刺を受け取るのが正しいマナーです。名刺を渡す際は、相手の名刺入れの上に置くことを心がけてください。

名刺交換で相手に好印象を与えるポイント

 (3911)

名刺交換は一通りのマナーさえ把握しておけばトラブルになることはまずありませんが、少しでも相手に好印象を持ってもらうには、ちょっとした工夫が大切。名刺を交換する際には必ず簡単な自己紹介を行うことになりますが、ここがぞんざいになってしまう人は少なくありません。そこで、しっかり笑みを浮かべつつ、自分の名前や所属をしっかり述べれば、相手が好感を抱いてくれる可能性が高くなります。

名刺交換は印象を左右される重要な要素!

名刺交換はする機会が非常に多いため、慣れていくにつれそんなに気を使わなくなってしまう人がいるかもしれません。しかし、社会人同士の挨拶ともいえる名刺交換での態度は、自分の印象を決定づけることになる可能性もあります。しっかりマナーを守り、好印象を獲得できるようにしていきましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

第一印象こそが重要!仕事のときに気を付けたい身だしなみ

第一印象こそが重要!仕事のときに気を付けたい身だしなみ

よく言われる通り、第一印象は人間関係において非常に重要です。ビジネスの場面でも、相手は想像以上に「パッと見たときの印象」であなたを判断しています。第一印象で損をすることがないよう、仕事のときに気を付けたい身だしなみのポイントを理解しておきましょう。
仕事で避けては通れない!電話応対のコツ

仕事で避けては通れない!電話応対のコツ

業種にもよりますが、基本的に仕事をしていくうえで避けて通れないのが電話応対です。しかし、相手の表情が見えないなかでのやりとりは難しいものがあり、なかには「電話応対が苦手……」という人もいると思います。そこで今回は、電話応対のコツについてご紹介していきます。
夏のスーツを選ぶ際におさえておきたいポイント!

夏のスーツを選ぶ際におさえておきたいポイント!

最近ではノージャケットなどのクールビズも浸透してきましたが、まだまだ営業や訪問などをする場合はジャケット着用が必須ということもあるはず。そういったとき、厳しい暑さの中で少しでも快適に過ごすことができるように、今回は夏用のスーツ選びについてご紹介していきます。
部屋の雰囲気づくりに重要!覚えておきたい電球の色の種類

部屋の雰囲気づくりに重要!覚えておきたい電球の色の種類

「部屋の照明の色にはあまりこだわりがない」という方もいるでしょうが、実は、電球の色によって部屋の雰囲気や仕事などの効率には大きく差が出ます。電球の色にはどんなタイプがあり、どんな効果をもたらすのかをご紹介します。
メリットが多い!明日から早起きをしたくなる3つの理由

メリットが多い!明日から早起きをしたくなる3つの理由

「早起きは三文の徳」ということわざを、知らないという方は少ないはず。このことわざの通り、早起きをすれば多くのメリットを享受できます。ただ、具体的にどのようなメリットがあるかはっきりしないと、わざわざ早起きするのは辛いという方も多いでしょう。そこで今回は、早起きをするメリットを詳しくご紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部