2017年4月5日 更新

子供が赤ちゃん返りをしてしまう原因と対処法

下の子が生まれると、上の子が赤ちゃん返りをするというケースがあるようです。子供の赤ちゃん返りの原因と対処法をここではご紹介します。今までできていたことが突然できなくなる子供には、ここでご紹介する方法を一度試してみてください。

324 view お気に入り 0

赤ちゃん返りとは?

 (892)

卒乳したはずなのに、なぜかおっぱいを欲しがる、おむつも卒業したのに下の子の登場でなぜかおむつをしたがる、といったことはありませんか?これこそ赤ちゃん返りです。2人目を出産したご両親の多くがこの問題で悩んでいます。

3歳近くなった子供でおむつも完全に取れていたのに、下の子が生まれた途端、なぜかできなくなる。でも上の子が、赤ちゃん返りをしないケースもちゃんとあります。それを次のコラムでご紹介します。

赤ちゃん返りをしないためには

 (893)

下の子が生まれた時にきちんと上の子に紹介することがとても重要です。このようなシーンは、よく映画やTVドラマで見たはずです。あれはドラマだからと思っていたら大間違いで、出産後のお母さんに生まれたばかりの下の子が抱かれていて、そこにお父さんに連れられた上の子がお母さんと妹(または弟)と対面するというシーンは実際に起こることです。

ドラマのシーンに限らず、そういう初めて上の子が下の子に直面する時のシチュエーションが一番重要なのです。スムーズに行かせたいなら、紹介する時に母親が生まれたての下の子を抱っこせずに、ベビーベッドに寝かせておくことがコツです。

もし赤ちゃんを抱っこして上の子に対面したら、ただでさえ出産で母親が家に不在であることが不安材料なのに、さらに別の赤ちゃんの出現といった新たな不安材料が追加されてしまいます。自分ではない別の赤ちゃんをかわいがっている!という事実にショックを受けてしまいます。

下の子との対面をする時は

 (894)

上の子との対面時には、生まれたばかりの下の子はベビーベッドか、なければなるべく離れた位置に寝かせます。枕元などに寝させてしまうと、下の子が母親と一緒に寝ていると、上の子が嫉妬するかもしれないからです。最初は寝かせる場所をできるだけ遠目にしておくのが良いでしょう。

そして、上の子が病室に入ってきたら抱きしめてお母さんも寂しかったことを伝え、私(母)と下の子に会いに来てくれてありがとうと感謝してみましょう。これをするだけで上の子は下の子にどう向き合ったらよいかを認識して、自分も愛されていることを実感します。

まとめ

ここまでの対策をしなくても、大丈夫なことももちろんあるでしょう。
でも、どんなに”わかっている子”でも、下の子が生まれた時には親の愛情が半減してしまうのではないかと、不安に感じてしまうもの。
親としては、たとえ下の子が生まれても上の子へのケアは変わってはいないと思わせることがとても重要です。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

勉強しない子供には、強制よりも問いかけという対応が効果的!

勉強しない子供には、強制よりも問いかけという対応が効果的!

子供が勉強をしないと、親としてはつい厳しく言ってしまうことがあるはずです。もちろん一貫した教育姿勢をお持ちの方は別でしょうが、大抵の親なら「勉強しなさい」とか「ゲームはやめなさい」と言ってしまうでしょう。 しかし、この方法だと一層勉強しなくなる可能性があります。ここでは勉強しない子供にどんな対応の方法があるのかをご紹介します。今現在悩んでいらっしゃる方は必見です!
マスクが手放せない!でも気になる肌荒れ……予防・対処法は?

マスクが手放せない!でも気になる肌荒れ……予防・対処法は?

新型コロナウイルスの流行に伴って着用が推奨されているマスク。感染拡大防止の観点からいえばマスクは重要なアイテムではあるものの、最近はマスクによる肌荒れに悩む方が増えています。「マスクは外せないけど肌荒れは避けたい」と考えている方も多いはず。そこで今回は、マスクが原因となる肌荒れの予防法や対処法について解説します。
ロンパースはいつ頃まで?選び方は?

ロンパースはいつ頃まで?選び方は?

赤ちゃんに着せるロンパースは豊富なデザインが魅力で、ママとしてこだわりたいアイテムですよね。「ロンパースっていつ頃まで着せるもの?」と実は分からない方もいるはず。そこで今回は、「ロンパースはいつまで着せるもの」問題についてお答えするとともに、選び方のコツについても解説します。
子育てには、「おんぶ」と「抱っこ」どっちがいい?

子育てには、「おんぶ」と「抱っこ」どっちがいい?

子供を運ぶ際に「抱っこ紐」を使うのが主流になり、現代ではほとんどの親が「抱っこ」をしています。しかし、日本で昔から子育て時にしていた「おんぶ」には、実はさまざまなメリットがあるとわかっています。今回は「抱っこ」「おんぶ」それぞれのメリット、デメリットをご紹介します。
育児の負担が軽減できる!液体ミルクのすすめ

育児の負担が軽減できる!液体ミルクのすすめ

2019年に日本でも液体ミルクが解禁されました。調乳の必要がなくそのまま哺乳瓶に移し替えるだけで飲ませることができ、比較的長期間保存できるため、「災害時に備えておこう」と購入するお母さんが多いようです。今回は、そんな液体ミルクの特徴やメリットについてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部