2019年2月19日 更新

ホコリがたまりがちなテレビ裏!きれいに保つには?

あなたのお家では、テレビ裏にホコリがたまっている状態があたり前になってはいませんか?コンセントやプラグの周りにホコリがあると、見た目が悪いだけでなく、火災の原因にもなりかねません。家族が安全で快適に暮らせるように、テレビ裏はいつでもきれいにしておきましょう。

567 view お気に入り 0

コードやケーブルは結束バンドでまとめる

 (3611)

壁際や部屋の隅に置くことが多いテレビの周辺は、どうしてもホコリがたまりがちです。ただでさえホコリがたまりやすい箇所なのに、周辺がゲーム機やDVDケースなどでごちゃごちゃしていると、掃除に着手するのが億劫になってしまうものです。ホコリに気づいたとき、いつでもハンディモップをかけられるように、テレビの周りにはできるだけ物を置かないことが理想です。

テレビには電源のほかにもたくさんのケーブルがつながっています。ケーブル同士が絡まっていると掃除が大変なので、100円ショップなどで買える結束バンドでまとめて、モップをかけやすい状態にしておきましょう。

小さなブラシでホコリを落とし掃除機で吸い取る

 (3613)

テレビ裏のコードを挿す部分はとてもデリケートなので、細かいホコリは布ではなく、乾いたブラシなどで優しく落とすのがおすすめです。細かいホコリを掃除機で吸い取りながら掃除をすればホコリが散らかるのを最小限に抑えられます。

正面から見えるテレビの汚れは、綿、ネル地、クリーニングクロスなどの柔らかい布でふき取ります。むやみに水拭きをすると故障の原因になるので、指紋などのしつこい汚れは、水で100倍程度に薄めた中性洗剤をクリーニングクロス等に含ませ、かたく絞ってからふき取りましょう。水分のついた箇所は乾いた布で二度拭きすると、跡が残りにくくなります。

テレビ本体の静電気対策

 (3617)

テレビの周辺にホコリがたまるのは、静電気のせいでもあります。静電気の発生を抑えるには、洗面器一杯の水にリンスを2、3滴入れ、柔らかい布に少量を含ませてからフレームを拭くといいでしょう。リンスや柔軟剤に含まれる「カオチン界面活性剤」が、静電気を防止して、テレビの周りにホコリが寄りつくのを防いでくれます。

ホコリを乾いたティッシュでとろうとすると、こすったりしてかえって静電気が発生しやすくテレビ周りをきれいに保つには逆効果です。ティッシュは繊維が粗く画面やフレームにキズがついてしまう恐れもあるので、必ず綿やネル地の柔らかい布でお手入れをしましょう。

月に一度はテレビ裏のお掃除を

テレビの周りには物を置かず、コード類はすっきりまとめておきます。気づいたときにハンディモップでホコリをとる習慣をつけると、テレビ裏をいつでもきれいに保っておけます。テレビ裏やコード類は月に一度を目安にホコリを落としておけば、年末の大掃除も楽になりますね。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大掃除を効率よく終わらせるなら計画を立てることが重要!

大掃除を効率よく終わらせるなら計画を立てることが重要!

新しい年をきれいな空間で迎えるために行う大掃除。しかし、家中をピカピカにするのは手間がかかるため、どこから始めていいのか悩んでしまう人も多いでしょう。まずはしっかり計画を立ててから、大掃除を開始する必要があります。今回は、大掃除する際の順番やプランニングの考え方についてご紹介します。
働く主婦に人気!家事代行サービスとは?ハウスクリーニングとの違いは?

働く主婦に人気!家事代行サービスとは?ハウスクリーニングとの違いは?

働きながら家事をこなすのはなかなかに大変なことですよね。そんなときに知っていると便利なのが家事代行サービスです。しかし、普段活用していない方からすると「家事代行ってどんなことをしてくれるの?」と、サービス内容が気になるはず。そこで今回は、家事代行サービスの内容や混同しがちなハウスクリーニングとの違いについて紹介します。
一家に一台は必須!掃除機選びをミスしないための注意点

一家に一台は必須!掃除機選びをミスしないための注意点

一家に一台は必要な家電として、冷蔵庫や洗濯機と共に挙げられるのが掃除機です。しかし、実は掃除機は選び方がなかなか難しく、購入してから「思っていたのと違った……」と後悔するケースは少なくありません。ここでは、掃除機を購入する際に注意しておきたいポイントをご紹介します。
生活をちょっとだけ豊かにするかもしれないライフハック集

生活をちょっとだけ豊かにするかもしれないライフハック集

ちょっとした知識をもっておくことで、いつもの日常をほんの少しだけでも過ごしやすいものにできたら素敵なことだとは思いませんか?今回は、大きく生活を変えることはできないけど、生活をちょっぴり豊かにできるかもしれないライフハックをご紹介していきます。
片付けがメンドクサイ女子必見。ちょっとの我慢でキレイは続く!

片付けがメンドクサイ女子必見。ちょっとの我慢でキレイは続く!

汚部屋という造語、ご存じですか?汚部屋と書いて「おへや」と読みます。読み仮名だけなら綺麗ですが、実際は汚れたお部屋、掃除が行き届かないお部屋という意味です。部屋の掃除をしているつもりでも、ついつい荒れてしまうという方は、あるコツを覚えると劇的に綺麗にできるかも。ここでは綺麗なお部屋をキープするコツや片付け方をご紹介します。
カジスマ編集部 | 23,696 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部