2019年5月1日 更新

ネット動画もあるけれど……映画館で映画を観るべき理由

最近ではオンラインで映画が簡単に見られる動画サービスが浸透していきていることもあり、「わざわざ映画館まで足を運ばなくても……」と考える方が増えてきているかもしれません。しかし、映画館には映画館ならではの良さが存在します。動画サービスを利用する人が増えてきている今だからこそ、映画は映画館で見るべきなのです。

25 view お気に入り 0

映画に没頭できる映画館

 (3916)

映画館で映画を見る理由として、もっとも大きいのは「映画に没頭できる」という点。家で動画サービスを利用したりDVDをレンタルしたりして映画を見る場合、ことあるごとにスマホをいじったり、家族や友人と話をしたりすることで、なかなか映画に集中することができないのではないでしょうか。

それに対して、映画館では100%映画のみに集中することができます。周囲が暗く、映画の音以外は何も聞こえない環境というのは、自宅で再現するのはなかなか難しいでしょう。また、大勢の観客と作品を同じ空間で見るというのは、映画館ならではの体験です。同じ場面で一緒に驚きの声をあげたり涙を流したりといった経験は、味わっておいて損はありません。

大迫力の音響を楽しめる!おすすめの映画館は……

 (3919)

映画館で映画を見る醍醐味、それは大迫力の音響を楽しめるという点です。家ではご近所に遠慮して、ついボリュームは抑えがちになってしまいますが、映画館ならそんな心配をする必要はありません。映画館によっては、音響に熱いこだわりを持つところもあるため、極上のサウンドを楽しむことができます。

特におすすめしたい映画館が東京都立川市にある「シネマコンプレックス立川シネマシティ」です。熟練の音響家が調整した映画サウンドは圧巻の一言。ただ音が大きいだけでなく、細かな音までもしっかり再現しており、非常に聞き取りやすいのが特徴です。2016年には映画『マッドマックス』のために6千万円のスピーカーを赤字覚悟で購入するなど、挑戦を続けるこちらの映画館にもぜひ一度足を運んでみてください。

そのまま近くのお店で映画談義に花を咲かせられる!

 (3922)

映画館は一人で行くのも良いですが、友人や恋人、家族で一緒に足を運ぶのも良いものです。上映中は会話を極力控えるからこそ、見終わった後の映画談義にも花が咲くというもの。近くの喫茶店や居酒屋などで映画の感想を語り合えば、相手との関係もグッと深まっていくでしょう。そのため映画館は、デートスポットとしても高い人気を誇っています。

映画館で特別な時間を堪能しよう!

ご紹介したように、映画館には映画館にしかないメリットがいくつもあります。時々は足を延ばして、映画館でしか味わえない特別な時間をぜひ堪能してみてください!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

気軽に始められる!サイクリングで健康になろう

気軽に始められる!サイクリングで健康になろう

何か趣味を作りたいと考えている人に向けて、おすすめしたいのが「サイクリング」です。自転車さえあれば誰でも始められる趣味であり、さまざまな魅力があります。では、いったいサイクリングにはどのような魅力があるのでしょうか。
【カメラ】ポートレート撮影では自然光を使いこなせ!【上達】

【カメラ】ポートレート撮影では自然光を使いこなせ!【上達】

カメラを持ったらほとんどの方は「明るいときに写真を撮ろう!」と思うはず。そんなときに意識しておきたいのが自然光です。特にポートレート撮影をするのであれば、自然光をしっかりと使いこなしておきたいところ。今回は、ポートレート写真のクオリティをワンランクアップさせる自然光についてご紹介していきます。
書くより簡単?声のブログ・SNSを始めてみよう!

書くより簡単?声のブログ・SNSを始めてみよう!

自分の日常をつづって読者に情報を届けるブログは、子育て中の主婦の方にも人気の趣味です。最近では文字ではなく、“声”で情報を届ける新しいSNSも登場し注目を集めています。すでにブログを書いている方も、これからブログを書こうと思っている方も、新しい表現の形として「声」を使ったブログやSNSを始めてみてはいかがでしょうか?
究極の言葉遊び!「五・七・五」にすべてを込める俳句の魅力

究極の言葉遊び!「五・七・五」にすべてを込める俳句の魅力

何か趣味を作りたいものの、準備にお金や時間が必要なものは避けたい、と考えている方は少なくないはず。そんな方におすすめしたい趣味が「俳句」です。誰しも学生時代に一度は触れた経験があるはずの俳句は、趣味とするだけの魅力を備えています。
紫外線で固まる「レジン」アクセサリー作りの基本

紫外線で固まる「レジン」アクセサリー作りの基本

紫外線で固まる透明な液体に、ビーズやラメを埋め込んで作るレジンアクセサリー。レジンアクセサリー作りに必要な材料は100円ショップで揃えられるので、主婦の趣味としてもお子さんの遊びとしても非常に人気です。今回はUVレジンの基本の扱い方と、揃えるべきアイテムを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部