2019年12月17日 更新

大人になっても粘土遊びがしたい!クレイアートの魅力とは?

粘土遊びというと子供の遊びというイメージを持っている方も多いのでは?しかし、粘土を使った「クレイアート」は大人になってからでも楽しめる趣味のひとつです。今回は、クレイアートの魅力や楽しみ方についてご紹介します。

45 view お気に入り 0

クレイアートとは?

 (5239)

クレイアートとは、粘土(クレイ)を使ってフェイクスイーツやミニチュアなどの小物を作るアートのこと。近年は大人の趣味として人気を博し、各地で教室なども開催されています。

クレイアートに必要なのは樹脂粘土、粘土板、型や成型用のヘラ・定規など、安価に購入できる道具ばかり。手芸用品店やネットショップのほか、100円ショップでも購入できるので、気軽に始めることができます♪

クレイアートの楽しみ方

 (5212)

クレイアートを作るときは、軽量樹脂粘土という粘土を使うのがおすすめ!軽量樹脂粘土は手にくっつきにくく、自由に形をつくることができます。絵の具を混ぜて色を付けることも可能です。

軽量樹脂粘土は時間が経つと固まるため、作った作品は壊れにくく、形を長期間保つことができます。使いかけの粘土はラップでくるみ、乾燥しないよう注意して保管しましょう。

クレイアートで作れるもの

 (5236)

クレイアートの作品で特に人気なのは、マカロンやミニドーナツなどのフェイクスイーツです。本物そっくりのスイーツはとても可愛らしく、チェーンを通せばオシャレなキーホルダーとしても使用できます♡

そのほかにも、動物や食べ物をかたどったミニチュアや薄く伸ばした粘土を重ねて作る花束など、どんなものでも自由に作って楽しむことができます。

クレイアートを始めるには

 (5240)

クレイアートには特にルールはないため、各自が自己流で自由に楽しんでOKです。より上手に作れるようになりたければ、各地で開催されている教室に通ったり、作り方の動画を視聴したり、本を読んだりして勉強してみましょう。コツを押さえて上手に作れるようになれば、クレイアートがますます楽しくなります。

クレイアートを趣味にしよう♪

粘土遊びは費用もあまりかからず、どんな人でもついつい没頭してしまうので大人にもおすすめの趣味。家で気軽に楽しめる趣味がほしいという方は、ぜひクレイアートに挑戦してみてくださいね!
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

紫外線で固まる「レジン」アクセサリー作りの基本

紫外線で固まる「レジン」アクセサリー作りの基本

紫外線で固まる透明な液体に、ビーズやラメを埋め込んで作るレジンアクセサリー。レジンアクセサリー作りに必要な材料は100円ショップで揃えられるので、主婦の趣味としてもお子さんの遊びとしても非常に人気です。今回はUVレジンの基本の扱い方と、揃えるべきアイテムを紹介します。
アクセサリーやスイーツを粘土で!?大人が楽しむ粘土とは

アクセサリーやスイーツを粘土で!?大人が楽しむ粘土とは

皆さんは子供の頃「粘土」で遊んだことはありますか?イマジネーションを発揮して好きなように粘土をこねて色々なものを作る…そんな粘土遊びが好きだったという方も少なくないはず。実は最近粘土を使ってミニチュアを作ったり、アクセサリーをDIYしたりと、粘土工作を趣味にする大人が増えているんです!今回は大人もはまる粘土工作についてお話していきたいと思います。
マラソンで話題!ピンクのシューズとは?何が違うの?

マラソンで話題!ピンクのシューズとは?何が違うの?

マラソンは走りやすいシューズさえあれば誰でも楽しめるスポーツのため、趣味として楽しんでいる人も多いはず。そんな中で、NIKEが開発したピンクのシューズが話題になっていることをご存知でしょうか。その革新的な性能によって、今大きな注目を集めているのです。
ルーを使わない本格的なスパイスカレー作りに挑戦!

ルーを使わない本格的なスパイスカレー作りに挑戦!

家庭料理の定番として、多くの人から愛されているカレー。家で作るカレーといえば、市販のルーを溶かして作るという人が多いですよね。もちろん、それでも十分おいしいのですが、スパイスにこだわって作る本格カレーは、また格別な味わいです。家族みんなでおいしいカレーを食べるため、ここでは本格的なスパイスカレー作りの秘密をご紹介します。
いつもの紅茶をもっと美味しく!紅茶を上手に淹れるコツとは

いつもの紅茶をもっと美味しく!紅茶を上手に淹れるコツとは

朝食や午後のティータイムに、たまには紅茶を選んでみませんか?普段何気なく淹れてしまいがちな紅茶ですが、ちょっとしたコツをおさえることでより美味しく楽しむことができます。そこで今回は、紅茶の美味しさをアップさせる淹れ方のコツをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部