2019年6月11日 更新

子どもの歯、仕上げ磨きはいつまでやってあげるべき?

子どもの歯が生えたら、気をつけなければならないのが虫歯や歯肉炎などの口腔内トラブルです。  自分では隅々まで歯を磨くことのできない子どもたちの歯は、親による歯磨きで守ってあげなければなりません。子どもが自分で歯を磨くようになってもしばらくは仕上げ磨きが必要とされていますが、具体的にはいつまで仕上げ磨きをしてあげるべきなのでしょうか。

13 view お気に入り 0

乳歯を守ることは将来の歯を守ること

 (2416)

生後6カ月ごろから生えてくる乳歯は、かみ合わせや骨格に影響する重要な存在です。乳歯は歯の表面を覆うエナメル質が薄く、一度虫歯になってしまうと進行が早いという特徴があります。
子どもがまだ小さいうちは、将来のために入念な歯磨きをしてあげたいと思う気持ちは誰もが抱くもの。
しかし子どもが小学生になって自分で歯を磨く習慣が身につくと、歯磨き指導が徹底できず虫歯になったり、かみ合わせなどの異常の発見が遅くなったりする場合も少なくありません。

仕上げ磨きは歯が完全に生え替わるまで行うのが理想

 (2419)

子どもの歯が一番虫歯になりやすいのは、乳歯が徐々に永久歯に生え替わる小学校低学年から中学年ほどの時期です。8歳、9歳にもなると、ある程度自分のことは自分でできるようになりますが、歯磨きの精度はまだまだ未熟。
虫歯の怖さを知らないだけに、大人ほど歯磨きに気を遣わないので、歯が完全に生え替わるまでは大人の手で仕上げ磨きをしてあげる必要があります。

仕上げ磨きのポイントとは

 (2422)

親の仕上げ磨きが強引だったり、痛みの伴うものであったりすると、子どもは歯磨きが嫌いになってしまいます。仕上げ磨きは、歯の掃除をする作業ではありますが、親子でスキンシップをとる時間としてゆったりとした気持ちを持って臨むのがコツです。歯磨きの習慣を始めたら日ごろから子どもの口元を触るようにして、口元を触られることへの警戒心を和らげておくと仕上げ磨きを嫌がりにくくなります。

虫歯になりやすいのは、歯と歯茎の間や歯のすき間、前歯の裏など歯ブラシの届きにくい位置です。仕上げ磨き用にヘッドの小さい歯ブラシを用意して、それらの箇所に磨き残しがないように、指先で歯ブラシをコントロールしましょう。
また、子どもの歯列の中で特に入念なケアが必要なのが6歳臼歯です。6歳臼歯は上下のかみ合わせを決める重要な歯なので、絶対に虫歯にしないよう注意しましょう。

高学年のお子さんには歯磨きチェックをしよう

仕上げ磨きは、永久歯が生えそろうまでは行うのが理想ですが、子どもが成長するにつれ、仕上げ磨きを恥ずかしがることも考えられます。その場合は自分で歯を磨かせた後、子ども自身の爪で歯の表面をこすらせ磨き残しがないことをチェックさせましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

絶賛反抗期中…子供とどう向き合えばいい?

絶賛反抗期中…子供とどう向き合えばいい?

子供には何度か反抗期が訪れますが、今回取り上げるのは思春期に訪れる反抗期についてです。反抗期の子供への対応がわからず、悩んでしまっている人は多いのではないでしょうか。今回はそんな人たちに向けて、反抗期の子供へ対する向き合い方をご紹介していきます。
実は磨き残しがいっぱい⁉意外と大切な歯と歯の間のケア

実は磨き残しがいっぱい⁉意外と大切な歯と歯の間のケア

毎日の歯磨きだけでお口のケアは完璧だと思っていませんか?確かに歯磨きをすれば歯の表面の汚れを除去することができますが、やはりそれだけでは磨き残しがあり、オーラルケアとして十分とは言えません。特に歯と歯の間は磨き残しが多く、汚れが溜まりやすいポイントです。今回は、歯と歯の間をケアすることの重要性について説明します。
実は全然磨けていない!?正しい歯磨き方法とは?

実は全然磨けていない!?正しい歯磨き方法とは?

あなたは自分の「お口の手入れ」に自信がありますか?おそらく、ほとんどの方は毎日歯磨きをしていると思います。しかし、日本人の成人の約8割は歯周病にかかっているともいわれており、歯磨きだけでは歯と口内のケアは十分にできていないことも。今回は虫歯や歯周病を予防するのに効果的な、正しい歯磨き・お手入れの仕方をご紹介します。
わが子と喧嘩してしまったら……

わが子と喧嘩してしまったら……

赤ちゃんのときは喧嘩のしようもありませんでしたが、3歳ごろからわが子と喧嘩をするようになってきたと悩むママは多いのではないでしょうか。しかし、子どもとの間で喧嘩が起きるのは決して問題があるわけではありません。大切なのは、喧嘩が発生した後の対応なのです。
子どもに好き嫌いが多いのには理由があった!

子どもに好き嫌いが多いのには理由があった!

出されたものはなんでも食べるという子どもがいる一方で、好き嫌いが激しい子どもも少なくはありません。お母さんやお父さんの中には、子どもの好き嫌いに手を焼いているという方も少なくないはず。しかし、実は子どもの好き嫌いには理由があるといわれているんです!子どもの好き嫌いに悩んでいるのであれば、まずは子どもが好き嫌いをする理由について知っておく必要がありますね。
カジスマ編集部 | 1,217 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部