2019年8月17日 更新

メリットが多い!明日から早起きをしたくなる3つの理由

「早起きは三文の徳」ということわざを、知らないという方は少ないはず。このことわざの通り、早起きをすれば多くのメリットを享受できます。ただ、具体的にどのようなメリットがあるかはっきりしないと、わざわざ早起きするのは辛いという方も多いでしょう。そこで今回は、早起きをするメリットを詳しくご紹介していきます。

80 view お気に入り 0

生活面のメリット

 (4518)

早起きをすれば、それだけ朝に自分の時間が作れるということになります。その時間を有効に使っていけば、より豊かな生活スタイルが構築できるはず。たとえばヨガやラジオ体操、ジョギングなどの運動を心がけていけば、健康に良いのは間違いありません。

もちろん、運動に限らず読書をしたり朝から語学教室に通ってスキルアップをしたりするなど、選択に幅が出てくるのも早起きの魅力です。いずれにしても、早起きをすることで生活に今までなかったハリが出てくるのは間違いないでしょう。

仕事面のメリット

 (4521)

早起きは仕事面でも多くのメリットがあります。中でも大きいのが、満員電車の回避です。満員電車は大きなストレスとなりやすく、会社に到着する頃には疲労困憊になっているケースは少なくありません。いつもより早く起きて早めの電車に乗れば、そうした満員電車を回避できる可能性があるのです。また、遅刻のリスクを軽減できるという点も大きいでしょう。

また、早起きをして朝食をとる時間をしっかり確保すれば、脳の活性化に重要となるブドウ糖を十分に摂取できます。するといつもに比べて仕事に集中しやすくなり、作業効率が上がっていくことが期待できるでしょう。

美容面のメリット

 (4524)

早起きは美容にとってもメリットがあることをご存知でしょうか。早起きすることを考えれば、当然前日には早寝をするという人が多いはず。すると、22時~朝にかけて分泌されるといわれている成長ホルモンがしっかり分泌され、肌の新陳代謝が良くなっていきます。もしも肌のトラブルに悩んでいるようなら、早起きは有効な解決手段になるかもしれません。

また、前述したように朝の運動を行うと、ダイエット効果も期待できます。朝はそれ以外の時間帯に比べ、体内に必要なエネルギーが少ないことから、運動をすると脂肪が燃焼されやすくなります。つまり、早起きからの運動は、日中や夜間の運動と比べて痩せやすいという考えもあるのです。

メリットの多い早起きを明日からでも始めよう!

早起きにはメリットが多いとご理解いただけましたか?早起きは、意識さえすれば明日からでも始められます。生活や仕事の質を上げたい、美容を考えたいと思っているのであれば、すぐに早起きを習慣化してみましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ジューンブライド!6月の結婚式にお呼ばれしたら服装や持ち物対策を!

ジューンブライド!6月の結婚式にお呼ばれしたら服装や持ち物対策を!

6月は「ジューンブライド」というように、結婚式開催を希望するカップルがたくさんいる季節です。必然的に、結婚式に招待される機会も多くなるでしょう。ただ、6月は雨も多く、服装や髪型のチョイスには悩んでしまうかもしれません。そこで、6月の結婚式にお呼ばれされたときに困らないように、おすすめの服装・髪型についてご紹介します。
どんなレインブーツがオススメ?選び方は?

どんなレインブーツがオススメ?選び方は?

雨が降ると、雨水や泥が跳ねてせっかくの靴が汚れてしまったり、悪くなった足元で転んでしまったりします。こうした雨の日に活躍するのがレインブーツ!撥水性があるレインブーツは、多くのメーカーから発売されていて、デザインもサイズもさまざまです。今回は、オススメのレインブーツや選び方をご紹介します。
雨が続く季節……持ち歩くからこそ知っておきたい傘の選び方

雨が続く季節……持ち歩くからこそ知っておきたい傘の選び方

もうすぐやってくる梅雨。雨が続くということはその分傘の出番が増えるということ! そんな雨の日の必需品である傘を選ぶとき、「使えればいいや」と適当に選んではいませんか?傘は雨の日に必ず使うものだからこそ、少しだけこだわって選んでみましょう。そこで今回は傘を選ぶポイントをご紹介します。
気になる顔のたるみは顔の筋トレで改善!

気になる顔のたるみは顔の筋トレで改善!

年齢とともに気になる顔のたるみ。顔がたるむとシワができやすくなり老け見えの原因に……。しかし、そんなたるみは顔の筋肉を鍛えることで改善することが可能です。ではどのようなトレーニングを行えばいいのでしょうか。今回は、顔のたるみの改善を目指せるトレーニングの方法をご紹介します。
夏のお弁当で気をつけることは?傷みにくいオススメのおかずも!

夏のお弁当で気をつけることは?傷みにくいオススメのおかずも!

気温が高く、湿度も高い夏の季節。お弁当を作るの際は、おかずの傷みに注意しなければいけません。せっかく作ったお弁当も傷んでしまっては台無しです。そこで今回は、夏のお弁当で気をつけるポイントや、傷みにくいおかずをご紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部