2020年7月4日 更新

うわぁ~!?と言わせるお弁当術

自粛生活が徐々に日常生活に戻り、お弁当生活がまた始まりましたね。覚悟していたものの毎朝の早起きご苦労様です。 3食きっちり母の味がしみ込んだ自粛期間だったからこそ、おいしいお弁当に期待値も⤴していることでしょう。そこで、ここでは簡単お弁当詰め方ルールを伝授したいと思います。

8,535 view お気に入り 2

最初に詰めるのはごはん

まずは基本のごはん。個人差ありますが、お弁当箱の半分近い面積だからこそ美味しく見せたいですね。
例えば、日の丸弁当なら梅干しの周りにゴマやおかかを散らす。のり弁なら一面真黒の上に鮭を置いたり、あるいは白ごまと梅干でアクセントを♪
混ぜご飯なら彩り美しく、食感を出すためにも雑穀米を使い、もち麦も加えてみると楽しいですよ。塩こぶにミョウガ、青じそ、しょう油を塗った油揚げなどを刻み加えるだけでも、蓋を開けたとき香り良く、食べ飽きません。

子どもに人気なのは、しょう油と砂糖とみりんで炒めたちくわを刻んで、青のりといっしょに混ぜるごはん。時間がない時、超特急で作るなら天かすにめんつゆを少々含ませ、ごはんと混ぜ、最後にふりかけをかけてもいいですね。

生かすも生かさぬも彩りと油

お弁当の命は彩りです。赤・黄色・茶色・緑をバランスよく詰めるのが美味しく見せるポイントです。
それでは具材によって効果的に詰め分ける方法を考えてみましょう。
基本的には、前日の残りモノを揚げるか煮るか、炒めるか…。
この場合の注意点としては、揚げ物や煮物は茶色になりがち。だからこそ、卵焼きやゆで卵を間に入れ、茶色いおかず同士が並ばないようにこだわりましょう。仕切りには天然のハーブ、シソの葉(洋風ならバジル)で彩を添えて、そこに黄色の卵焼きや、ゆで卵でさらに両者の間隔を開け、汁気を飛ばした旬の野菜(味が濃く安い)をシンプルな味付で詰め合わせると、好評です。
夏には、冬瓜,ナス、キュウリ(真ん中の種をスプーンでえぐり取ると汁が出ません)がおすすめ候補です。
”おいしい!” は、まず目からスタートです。
 (6438)

詰める!大➡小へと盛り付け

 (6437)

具材は必ず冷ましてから詰めていきます。
お弁当箱の中に真っすぐにではなく、斜めに区切りながらスペースを埋めていくと箱の中の配置にメリハリが出ます。
メインをおかずの4分の1のスペースに収めたらシソの葉などで区切ります。
汁気が多いものをごはんの近くに置く時には、まずキッチンペーパーを横において、汁気を押さえながら、寝かせず、立たせながら詰め、残りのおかずを大から小の順番に詰めていきます。
同じ色のものが隣合わないよう注意し、スカスカよりキチキチに詰めておくと見た目が食をそそります。

暑さ対策と注意点

 (6436)

暑さ対策として、冷凍食品の中でも凍ったまま入れられるお弁当副菜や、冷凍枝豆、小さなカップゼリーを保冷剤代わりに入れるのは○。でも、手作りのお惣菜を、凍らせてカップなどに詰めて入れるのは✕です。
凍らせた食品を戻して詰めるときには必ず加熱することが菌の繁殖を防ぐためにも大事です。
夏場のいろいろなリスクは言うまでもないことですが、夏場は普段よりも一段と慎重に、楽しいお弁当作りをこころがけましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

暑さに負けない!夏の疲れを解消するレシピ集

暑さに負けない!夏の疲れを解消するレシピ集

もうすぐやってくる夏!夏の厳しい暑さにやられて、バテてしまうという方も少なくないはず。そんなとき、「何か食べなきゃ」とは思っていてもなかなか食欲もわかないこともあるでしょう。そこで今回は、夏の暑さでバテていても食べやすく、栄養がしっかり摂れるようなレシピを紹介していきます。
カジスマ編集部 | 1,096 view
犬や猫も夏バテをする!見極め方や対策は?

犬や猫も夏バテをする!見極め方や対策は?

暑い夏は熱中症や夏バテに注意する必要がありますが、それは人間だけではありません。実は、犬や猫も人間同様、夏バテをするため、飼い主は意識してペットの健康状態をチェックしましょう。今回は、ペットの健康を維持するため、犬や猫が夏バテしているかどうかの見極め方や対策方法を紹介します。
カジスマ編集部 | 1,735 view
夏に気になる汗染み……対策方法は?

夏に気になる汗染み……対策方法は?

暑さと湿度がセットで襲ってくる日本の夏。熱中症などの不安も大きくなる季節ですが、女性にとって気になるのが「汗染み」ではないでしょうか。おしゃれをしたくても、汗染みが気になって二の足を踏んでしまうという方は、決して少なくないはず。今回は、夏に気になりがちな汗染みの対策方法について紹介します。
今年も台風や集中豪雨に注意!防災意識を高めておこう

今年も台風や集中豪雨に注意!防災意識を高めておこう

近年、日本では大型台風や集中豪雨などの水害による被害が大きくなっています。水害は甚大な損害を与えるだけでなく、最悪の場合は人の命さえも奪います。災害のシーズンになる前に、今のうちから防災意識を高めておきましょう。
シャワーヘッドを変えると何が違うの?塩素除去・節水効果などメリットたくさん!

シャワーヘッドを変えると何が違うの?塩素除去・節水効果などメリットたくさん!

毎日の入浴で、身体や頭を洗うためにシャワーを使っているかと思います。実はシャワーの水が肌の乾燥や毛髪のダメージを引き起こすことがあるってご存じですか?水道水に含まれる塩素を除去できるシャワーヘッドに付け替えると、さまざまなメリットがあります。「考えたこともなかった」という人は必見ですよ!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部