2019年11月12日 更新

これであなたも髪美人♡キレイな髪はこう作る!

よく手入れされた綺麗な髪は、女性の美しさを格上げしてくれる重要なパーツ。髪の正しい洗い方や乾かし方、お手入れに取り入れたいアイテムなどを知り、美髪美人を目指しましょう♪

13 view お気に入り 0

シャンプー前の「予洗い」が重要

 (5208)

シャンプーは美髪をつくる基本です。髪や頭皮に整髪料、余分な皮脂が残っていると、髪がゴワついたり、綺麗な髪が生えてこなくなったりすることもあります。できれば朝ではなく夜シャンプーをし、しっかりと汚れを落としてから寝るようにしましょう。

シャンプーをする際は、シャンプー剤を使う前の「予洗い」が重要!1分以上シャワーのお湯で髪や頭皮を洗い流せば、汚れの8割ほどを落とすことができ、シャンプーもよく泡立つようになります。

予洗いが済んだらシャンプーを手に取り、よく泡立ててから髪や地肌を洗いましょう。シャンプーする際は爪を立てず、指の腹で頭皮を揉みこむように洗うのがポイントです。

トリートメントは目の粗いくしでなじませる

 (5209)

シャンプーを十分に流したら、トリートメントやコンディショナーを髪になじませます。トリートメント、コンディショナーは毛先、中間、根元近くの順になじませ、目の粗いくしでとかすことで髪の1本1本にまで行き渡らせましょう。

トリートメントやコンディショナーが頭皮につくとベタつきや肌荒れの原因になることもあるため、塗布する際は頭皮にはつけないよう注意してください。

必ずドライヤーを使って乾かす

 (5210)

ドライヤーの熱は「髪に悪そう」というイメージを持たれがちですが、髪を濡れたまま放っておくと必要な水分まで蒸発したり、摩擦でゴワゴワになったりしやすく、ダメージにつながってしまいます。お風呂から上がったあとは、必ずドライヤーを使って髪を乾かすようにしてください。

ドライヤーをするときにはヘアオイルやアウトバストリートメントをつけ、髪を熱や乾燥から守るようにしましょう。ヘアオイルやアウトバストリートメントは髪にツヤを出す効果もあるため、ドライヤーのあとは美しい髪に仕上がります。

毎日のヘアケアでうっとりするような美髪に♡

ご紹介した方法のほかにも、髪にツヤを出す豚毛のブラシでブラッシングする、整髪料をできるだけ使わないなどの方法で美髪を目指すことができます。美は一日にしてならず。毎日のヘアケア習慣に気を遣い、美しい髪を手に入れましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

原因はヘアケア習慣!ヘアカラーを長持ちさせる方法とは

原因はヘアケア習慣!ヘアカラーを長持ちさせる方法とは

季節や流行に合わせて服装を替えるように、髪も思い通りの色を保ちたいものですが、染めてすぐに色が落ちてしまったり、時間が経って雰囲気が変わってしまったりするのはなぜなのでしょうか。今回は美容院などで染めた髪の色を長持ちさせるためのコツについて調べてみました。
メリットが多い!明日から早起きをしたくなる3つの理由

メリットが多い!明日から早起きをしたくなる3つの理由

「早起きは三文の徳」ということわざを、知らないという方は少ないはず。このことわざの通り、早起きをすれば多くのメリットを享受できます。ただ、具体的にどのようなメリットがあるかはっきりしないと、わざわざ早起きするのは辛いという方も多いでしょう。そこで今回は、早起きをするメリットを詳しくご紹介していきます。
今からでも間に合う!?くびれを取り戻すストレッチ!

今からでも間に合う!?くびれを取り戻すストレッチ!

もうすっかり暑くなり、薄着や水着の季節になりました!しかし、「ダイエットが完了していないから体を晒すのに抵抗が……」という悩みを抱えている方も少なくないのでは?もしかしたらその悩みは、ちょっとしたストレッチで解消できてしまうかもしれません。そこで今回は、直前でもまだ間に合うくびれを取り戻すストレッチをご紹介していきます。
「しっかり食べる」がコツ!リバウンドしないダイエット!

「しっかり食べる」がコツ!リバウンドしないダイエット!

段々と暑くなり、服装も薄着になるこの季節。「ダイエットしなければ!」と考えている方も多いはず。しかし、ダイエットは正しく行わなければ、リバウンドしてしまうだけでなく健康にも害を及ぼす恐れがあります。リバウンドせず健康的に痩せるためには、栄養摂取のバランスを心がけることが大切です。そこで今回は、「しっかり食べるダイエット」についてご紹介していきます。
時間がない朝でもバッチリ!時短メイクのコツ!

時間がない朝でもバッチリ!時短メイクのコツ!

なにかと時間に追われる朝。出かける前にメイクをしたいのに、時間がなくて困っているという方も多いのではないでしょうか。そんなときは、メイク時間を短縮するテクニックで、忙しい朝でもゆとりをもって準備をすることができるはずです。今回は、朝のメイクを時短させるテクニックをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部