2020年6月11日 更新

「暑くて外に出たくない……」家の中でも楽しめるおすすめの過ごし方は?

ジリジリとした暑い日は家にいても退屈だとは思いつつ、炎天下の外へ行くのは億劫だと感じる方もいますよね。そんなとき、家で楽しい時間を過ごせる方法を知っていれば、退屈からも解放されるはず!今回は家にいながら楽しめる、おすすめの過ごし方について紹介します。

12 view お気に入り 0

新たなレシピに挑戦も!奥の深い料理を楽しもう

 (6307)

室内での時間がたっぷりある場合、おすすめしたいのが料理です。日頃あまり料理をしない方は、これを機会に腕を上げておくと、今後あらゆる場面で役立つこと間違いなし!

日常的に料理をしている方であれば、新しいレシピに挑戦してみるのもいいですね。難易度の高い料理はもちろん、「給食風レシピ」や「居酒屋風レシピ」など、普段であれば絶対に作らないだろう一風変わった料理を作ってみれば、自分にとって刺激になるだけでなく家族もきっと喜んでくれるはずです。

家にいながら旅行ができる?Googleストリートビューを満喫

 (6306)

さまざまなスポットを訪れたいものの、暑さが苦手で外に出られない……という方におすすめしたいのが、Googleストリートビューです。Googleストリートビューを利用すれば、家にいながらにしてありとあらゆる世界中のスポットを訪れられます。有名スポットはもちろん、街のちょっとした路地など、旅行ではなかなか足を運びにくい場所に行きやすいのもポイントです♪

また、Googleストリートビューでは、「Google Arts&Culture」というサービスを提供しています。これを利用すると、世界中の博物館・美術館がパソコン内で散策可能に。没頭すれば、あっという間に時間が経っていくのは間違いありません。

家族みんなでエクササイズ!家でも運動は十分可能

 (6305)

家にこもっていて、一番気になるのが運動不足です。しかし、家にいたとしても少しの工夫とアイテム次第で、十分な運動ができます。たとえば、ツイストボードやバランスボールなどを購入すれば、気軽に身体を動かすことができるでしょう。

また、おすすめしたいのが家族全員で楽しめるエクササイズです。かつてブームとなった「ビリーズブートキャンプ」は令和版としてYouTubeで視聴できますし、ニンテンドースイッチのソフト「リングフィットアドベンチャー」なら、ゲームをしながら運動できて一石二鳥です!夏場の屋外での運動は熱中症が心配されるので、ぜひ家の中で運動するようにしましょう。

家の中にも楽しいことは盛りだくさん!

今回ご紹介したように、家の中にいても楽しい時間を過ごすことは十分可能です。外出を避けたいとき、家で楽しく過ごす選択肢を検討してみてはいかがでしょうか!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏本番前に知っておきたい暑さ対策!

夏本番前に知っておきたい暑さ対策!

もうすぐ厳しい暑さの夏がやってきます。暑さに負けず屋内外で元気に楽しく過ごすことは大切ですが、暑さ対策を忘れてはいけません。そこで夏本番に向けて、基本となる暑さ対策を紹介します。
暑い日にピッタリ!涼しさを感じられるデザート集

暑い日にピッタリ!涼しさを感じられるデザート集

暑い日が続くと気力も削がれてしまうもの。「暑さで食欲すらわかない」ということも少なくありませんよね。そんなときは、味はもちろん見た目にも清涼感のあるデザートで暑さを吹き飛ばしましょう!そこで今回は、夏にピッタリのデザートレシピを紹介します。
家族で楽しめる!おすすめのテレビゲーム4選

家族で楽しめる!おすすめのテレビゲーム4選

外出ができないとき、家でテレビゲームを楽しむのも1つの選択肢です。最近ではeスポーツの知名度が上がってきて、以前に比べてテレビゲームを楽しむ大人も増えてきています。そこで、特におすすめしたいテレビゲームを4つご紹介! 1人でも家族でも楽しめるゲームが、数多く揃っていますよ。
気温差が激しい4月におすすめの服装とは

気温差が激しい4月におすすめの服装とは

春先は昼と夜の寒暖差が激しく、服装に悩みがちな時期です。「朝晩は冷えるけどお昼は暖かいからどうしよう……」と毎朝何を着ていこうかと悩んでいる方も多いはず。そこで今回は、3~5月頃の服装を選ぶポイントについてご紹介します。
カジスマ編集部 | 3,039 view
春は引っ越しの季節!失敗しない家探しのコツとは?

春は引っ越しの季節!失敗しない家探しのコツとは?

春は引っ越しの季節であり、多くの人が新居を探す時期です。どの家が良いかを悩んでいるうちに、目ぼしい物件はどんどん減っていってしまうかもしれません。そこで今回は、スムーズに家を決めるための失敗しない家探しのコツをご紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部