2019年12月13日 更新

上司や取引先に出す年賀状のマナーとは?

近年、少なくなったとはいえ、職場の上司や取引先、顧客に年賀状を出すという方もいると思います。ビジネスで送る年賀状の書き方やマナーについてご紹介していきます。

30 view お気に入り 0

年賀状を出すかどうかの判断

 (5418)

「常日頃お世話になっている上司に対しては、年賀状を出さなければならない」という気持ちも大切ですが、職場の人に年賀状を出すかどうかは、社内の慣例に従うのが無難です。

職場によっては、膨大な数になってしまうなどの理由から、「社内の人には年賀状を出さないようにしよう」という方針があるところも。同じ部署の先輩に必ず確認し、出さない方針であればそれに従いましょう。

取引先には、会社として一括で年賀状を送る場合は、あえて個人で出す必要はありません。ただし、先方から個人名宛てで年賀状が届いた場合、親密なお付き合いをしている場合などは出した方がよい場合もあります。

宛名の書き方に注意

 (5421)

ビジネスで送る年賀状の場合は、宛名の書き方に注意が必要です。宛名は縦書きにするのが一般的で、住所、会社名、部署名、役職、名前の順で書きます。縦書きの場合は、数字は漢数字で書くようにしましょう。

宛名では、相手の社名は正式名称で表記します。株式会社を(株)のように省略するのは避けましょう。役職名は、名前のあとではなく前(上)に書きます。「〇〇〇〇部長様」ではなく、「部長 〇〇〇〇様」のように書くのが正解です。

ビジネス年賀状の内容

 (5424)

ビジネス年賀状は、「賀詞(祝いの言葉)」で書き始め、旧年中のお礼、近況報告、新年の抱負、締めの言葉で構成します。賀詞は「謹賀新年」など、敬意を表す丁寧な言葉を選びましょう。「迎春」「賀正」などの2文字の言葉は略式のためNGと捉えた方が適切です。

新年の挨拶と旧年中のお礼を丁寧に述べたら、自分の近況報告と新年の抱負について簡単に書きます。文末には相手の健康や繁栄を願う言葉を添えて締めくくりましょう。

子供の写真は控えるのが無難

近年、自分の子供の写真を年賀状に載せる人が多くなっています。しかし、受け取り手にもさまざまな事情があるため、人によってはあまり快く思わない可能性もあります。ビジネスで送る年賀状では、使わないのが無難です。

年賀状をビジネスチャンスにつなげよう

心のこもった年賀状は、上司や取引先などに好印象を与えます。今後のビジネスチャンスにつながる可能性もあります。だからこそ、送る場合は正しい書き方やマナーをしっかり押さえておきましょう。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

御朱印をもらうときに押さえておきたいマナーや注意点!

御朱印をもらうときに押さえておきたいマナーや注意点!

最近、「御朱印集め」ってよく耳にしませんか? お寺や神社などの仏閣にお参りした際にもらえる御朱印を集めるというものですが、数年前から性別年代問わず人気を集めています。 いわゆるスタンプラリーとも言える神社やお寺の御朱印は、コレクション願望を十分満たしてくれるものですが、一方でマナー違反をする人がいて問題視されてもいるようです。そこで今回は、御朱印集めをする際に覚えておきたいマナーや注意点についてご紹介します。
仕事で避けては通れない!電話応対のコツ

仕事で避けては通れない!電話応対のコツ

業種にもよりますが、基本的に仕事をしていくうえで避けて通れないのが電話応対です。しかし、相手の表情が見えないなかでのやりとりは難しいものがあり、なかには「電話応対が苦手……」という人もいると思います。そこで今回は、電話応対のコツについてご紹介していきます。
第一印象こそが重要!仕事のときに気を付けたい身だしなみ

第一印象こそが重要!仕事のときに気を付けたい身だしなみ

よく言われる通り、第一印象は人間関係において非常に重要です。ビジネスの場面でも、相手は想像以上に「パッと見たときの印象」であなたを判断しています。第一印象で損をすることがないよう、仕事のときに気を付けたい身だしなみのポイントを理解しておきましょう。
意外と知らない?名刺交換時の正しいマナー

意外と知らない?名刺交換時の正しいマナー

ビジネスシーンで取引先と会った際、「名刺交換」はほぼ確実に行われるはず。しかし、機会が多いわりに、名刺交換のマナーをしっかり把握している人は意外と少ないかもしれません。もしかすると、知らない間に相手に無礼を働いてしまっている可能性もあります。一人前の社会人として、名刺交換マナーをきっちり把握しておきましょう。
上司や同僚の結婚式に呼ばれた際、注意しておきたいポイントとは?

上司や同僚の結婚式に呼ばれた際、注意しておきたいポイントとは?

ジューンブライドと言われる6月。職場でも、結婚をするという方が増えてくるころではないでしょうか。それでは、職場の上司や同僚から結婚式に招待された際、いったいどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。友人などの結婚式とは違い、エラい人も参列する職場関係の結婚式の場合は、注意しておきたい点がいくつもあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部