2021年5月30日 更新

コロナ禍の結婚式!招待されたらどうする?欠席したいときのマナーは?

いまだ新型コロナウイルスの脅威が収まらない中、結婚式に招待された場合はどうでしょうか?職務上、難しかったり、そうでないとしても「お祝いはしてあげたいけど、参加していいものか……」と悩んでしまいますよね。そこで今回はコロナ禍の結婚式事情について紹介します。

26 view お気に入り 0

「延期や中止が困難なら実施しても良い」が多数!

 (7432)

株式会社リクシィの行った結婚式に対する意識調査によると、結婚式の中止・延期に多額な費用がかかるといわれて悩んでいる友人に対しては、70.8%が「実施しても良い」と回答したということが分かりました。ただし、その内訳として「規模を小さくしたら開催しても良い」が54.4%を占めており、「結婚式の開催自体とは別に、しっかりとした対策は必要」と考えている方が多数といえます。

コロナ禍の結婚式で考えられている対策とは?

 (7433)

マスクの着用、消毒、検温などの基本的な対策が行われることはもちろんですが、そのほかにコロナ禍の結婚式ではどのような感染対策が考えられているのでしょうか。

少人数結婚式

コロナ禍で注目をされているのが、招待するゲストを10~30人ほどに絞って開催する少人数結婚式です。ゲストが少ないので密な状況を回避しやすくなります。また、招待するゲストは家族や親族、親しい友人がメインなのでアットホームな式ができるのも少人数結婚式の特徴です。

二部制結婚式

少人数結婚式とあわせて注目を集めているのが、結婚式を1部と2部に分けて開催する二部制結婚式です。2回に分けて式を実施することでゲストの人数を調整できるので、密を回避しやすくなります。また、1部は家族や親族で落ち着いて、2部は仕事関係者や友人でカジュアルになど、スタイルや雰囲気を変えられるのが魅力です。

リモートやライブ配信

ゲストに遠方の方やご年輩者がいる場合はオンラインで参加してもらう方法も。また、挙式会場の人数を制限するために、挙式をライブ配信して一部のゲストは披露宴会場などから見てもらうという対策がとられることもあるようです。

披露宴時の移動を少なく

できるだけ接触を減らすために、お酌回りなどを控えることも増えているようです。ウェディングケーキの入刀などの演出も席から見ることが推奨されています。

結婚式を欠席するときはどうする?

 (7434)

「十分な対策がとられてはいるけれど、やっぱり参加は難しい」という方も多いでしょう。そこで、結婚式の招待を断る際に意識しておきたいポイントを紹介します。

欠席は早めに伝える

欠席を決めた段階で早めに新郎新婦へ伝えることで、準備にかかる負担を減らすことができます。準備が進んでしまうとキャンセルや変更に追加料金がかかってしまうこともあるため、早めに電話やメールなどで連絡をしましょう。

欠席の理由を添える

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

髪の毛や頭皮の悩みが増加する季節!原因と対策は?

髪の毛や頭皮の悩みが増加する季節!原因と対策は?

段々と暖かさが増してくる春は、自然と気分もウキウキとするものです。しかし、実は髪の毛や頭皮に関する悩みが増え始める季節でもあります。そこで今回は、髪に関する悩みとその原因、対処法などについてまとめて紹介します。
連休前に知っておきたい「五月病」とは?

連休前に知っておきたい「五月病」とは?

5月の長期連休が終わると次第に耳にすることが多くなる「五月病」という言葉。実は働く人の約3~4割近くは五月病を経験したことがあるという調査結果も出ており、決して他人事ではありません。そこで五月病になりやすい人の特徴や対処法、予防法について解説します。
春先の服装は何が正解?悩んだらこれ!

春先の服装は何が正解?悩んだらこれ!

3月が近づいてくると段々と暖かくなり、春の訪れを感じ始めるもの。とはいえ、まだまだ冷え込む日も多いため、「服装に悩んでしまう」という方も多いでしょう。そこで今回は、服装に悩みがちな春先コーデのポイントを紹介していきます。
甘いものが苦手な人にもピッタリなバレンタインデーのプレゼントって?

甘いものが苦手な人にもピッタリなバレンタインデーのプレゼントって?

もうすぐやってくるバレンタインデー!大切な人にチョコを渡すというのが定番ですが、中には「甘いものが苦手」という男性も少なくありません。そういった場合、チョコ以外にどんなものをプレゼントしたらよいか悩んでしまいますよね。そこで今回は、甘いものが苦手な方にもピッタリなバレンタインデーのプレゼントについて紹介します。
2021年の花粉は増える?減る?花粉症対策も紹介!

2021年の花粉は増える?減る?花粉症対策も紹介!

厳しい寒さが過ぎ去った後は暖かな春がやってきます。気候が穏やかな春は気持ちのいいものですが、花粉症の方にとって春は非常につらい季節ですよね。今から「花粉の飛散量が気になる……」という方も多いのではないでしょうか。そこで、2021年の花粉に関する予測から花粉症対策の情報を紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部