2020年4月9日 更新

生活を支える超重要な家電!冷蔵庫の選び方のポイント

食べ物・飲み物を保存するのには欠かせない冷蔵庫。最近ではいろんな種類のものが販売されていますが、どんなものを選ぶのが正解なのでしょうか?今回は、冷蔵庫の選び方・選ぶ際のポイントをご紹介します。

12 view お気に入り 0

どのくらいの容量が必要かを知る

 (4667)

冷蔵庫の容量とは、どのくらいの量のものが入るかを表す数値です。冷蔵庫に必要な容量は、家族の人数によっておおまかに決まります。以下の計算式を使って、ご家庭に必要な容量を求めてみましょう。

生活に必要な冷蔵庫の容量=70L×人数+100L(常備食材)+70L(予備スペース)

例えば二人暮らしの場合、70L×2人+100L+70L=310Lが容量の目安となります。ただし自炊の頻度や大人・子供の人数などによっても必要な容量は異なるため、実際に店頭で見て確認することをおすすめします。

サイズや設置場所を決める

 (4668)

おおまかな容量が決まったら、設置場所を決め、どのくらいのサイズ(高さや幅)の冷蔵庫が置けるかを確認しましょう。設置場所にゆとりをもって置けるサイズであることはもちろん、自分や家族が使いやすい高さであることも大切です。

また、いざ搬入したらコンセントが届かなかったということのないよう、設置場所を決める際はコンセントの位置も確かめておきましょう。生活の動線を考え、扉を開閉しやすい場所、調理のときに食材を取り出しやすい場所にすることもお忘れなく。

自分に合った機能のあるものを選ぶ

 (4669)

容量・サイズ・設置場所が決まったら、あとは好みの冷蔵庫を選ぶだけ。価格やデザインも重要ですが、せっかくなら自分に合った機能のあるものを選んでみてはいかがでしょうか?

近年の家電はますます進化しており、冷蔵庫も便利な機能が搭載されたものがたくさん登場しています。食材の鮮度を長期間保ったり、食材を急速に冷凍して旨味を閉じ込めたりと、旧式の冷蔵庫では考えられなかった機能があるものも。家電メーカーの公式サイトや口コミをチェックし、購入前にしっかり情報収集しておくことが大切です。

冷蔵庫は長期間使う大切な家電

冷蔵庫は家電の中でも特にサイズが大きく、価格も高価なため、なかなか気軽に買い替えられるものではありません。後悔することのないよう、容量やサイズ、デザイン、機能、消費電力などを入念に下調べし、納得して長期間使い続けられるものを購入してくださいね。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

飲み物は持ち歩く時代!タンブラーを使うメリットとは

飲み物は持ち歩く時代!タンブラーを使うメリットとは

近年は外出時や仕事のときに、タンブラーに飲み物を入れて持参する人が増えています。ここでは、タンブラーを持ち歩くメリットやタンブラーと水筒の違い、選び方などについてご紹介します。
今年もそろそろ準備しよう!カレンダー選びのポイント

今年もそろそろ準備しよう!カレンダー選びのポイント

そろそろ2020年のカレンダーが販売される季節。自宅用、仕事用、取引先への年末挨拶用にカレンダーを購入する方も多いと思います。では、カレンダーを選ぶ際はどんなポイントに気を付ければいいのでしょうか?
正しい保存方法で食材をおいしく長持ちさせよう

正しい保存方法で食材をおいしく長持ちさせよう

「野菜や卵などの食材は、数日分買い溜めして保存する」という家庭は多いでしょう。しかし、買った食材を正しく保存できている自信はありますか?食材の鮮度がどのくらい長持ちするかは、保存の方法によって大きく左右されます。食材ごとの正しい保存方法をご紹介します。
冷凍保存するなら意識しておきたい「冷凍焼け」とは

冷凍保存するなら意識しておきたい「冷凍焼け」とは

「少し残ったお肉やごはんなどを冷凍しておく」というのはよくやることかと思いますが、しかし、冷凍状態で長く保存していると、避けられないのが冷凍焼けです。冷凍焼けした食品は品質が劣化してしまうので、なるべくそうならないようにしておきたいもの。そこで今回は、食品の冷凍保存の大敵「冷凍焼け」についてご紹介していきます。
引っ越しの荷造りをスムーズに進めるコツとは?

引っ越しの荷造りをスムーズに進めるコツとは?

引っ越しの際、荷造りにとんでもなく時間がかかってしまいぐったり……という経験をした方は多いのでは?引っ越し準備の中でもっとも時間や気力・体力を奪われる「荷造り」を、スムーズに進めるコツをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部