2019年6月6日 更新

実は全然磨けていない!?正しい歯磨き方法とは?

あなたは自分の「お口の手入れ」に自信がありますか?おそらく、ほとんどの方は毎日歯磨きをしていると思います。しかし、日本人の成人の約8割は歯周病にかかっているともいわれており、歯磨きだけでは歯と口内のケアは十分にできていないことも。今回は虫歯や歯周病を予防するのに効果的な、正しい歯磨き・お手入れの仕方をご紹介します。

歯磨きは特に「夜」が大切!

 (3689)

歯磨きは最低でも1日2回、朝晩にするべきと言われています。中でも、特に大切なのは「夜」の歯磨き!寝ている間は唾液の分泌量が減り、口内の虫歯菌や歯周病菌が増殖するため、寝る前にしっかりと歯垢を落とす必要があるのです。夜の歯磨きは特に丁寧におこない、歯垢が残らないようすみずみまでよく磨きましょう。

歯磨きで歯垢を落とすコツとは?

 (3692)

ただし、ただゴシゴシと歯ブラシを歯に当てているだけでは、歯垢が十分に除去しきれないことも。正しい歯磨きの方法を身に着けて実践することが大切です。

歯垢をきちんと落とすには、歯垢の溜まりやすい「歯と歯茎の間」「上の歯と下の歯の噛み合わせ部分」「歯と歯の間」を意識して歯ブラシを当ててください。歯ブラシはペンを持つようにして軽く握り、歯の表面だけでなく、それらのポイントにもやさしく当て、小刻みに動かすようにしてブラッシングします。「歯を1本ずつ磨く」という意識でブラッシングすると、普段よりも丁寧な歯磨きができます。

フロスや歯間ブラシも忘れずに

 (3695)

残念ながら、歯と歯の間や溝の歯垢は歯磨きだけでは取りきれないことが多いもの。そんなときに役立つのが、フロスや歯間ブラシです。

日本では「お口のケアは歯磨きだけ」という人も多いですが、欧米ではフロスや歯間ブラシを使うのは常識と言われています。取りづらい場所の歯垢もちゃんと絡め取ってくれるため、歯間の虫歯や歯周病の予防に効果的。ぜひ毎日併用して、歯垢が残らないようにケアしましょう。

正しいケアで健康な歯と口内を保とう!

永久歯は失うと二度と生えてこない、「一生モノの財産」。歯を失ったままだと身体の健康を損なったり、認知症のリスクが上がったりと危険なため、健康な歯はできるだけ長く残しておく必要があります。ぜひ今日から正しいお口のケアを始めて、いつまでも元気なあなたを目指しましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どもの歯、仕上げ磨きはいつまでやってあげるべき?

子どもの歯、仕上げ磨きはいつまでやってあげるべき?

子どもの歯が生えたら、気をつけなければならないのが虫歯や歯肉炎などの口腔内トラブルです。  自分では隅々まで歯を磨くことのできない子どもたちの歯は、親による歯磨きで守ってあげなければなりません。子どもが自分で歯を磨くようになってもしばらくは仕上げ磨きが必要とされていますが、具体的にはいつまで仕上げ磨きをしてあげるべきなのでしょうか。
化粧水をつけるなら手とコットンどっちがいい?正しいつけ方は?

化粧水をつけるなら手とコットンどっちがいい?正しいつけ方は?

毎日のお肌の保湿ケアとして、ほとんどの方が化粧水をつけているはず。しかし、保湿ケアの方法を間違えてしまうと、肌にダメージを与えてしまい逆効果になってしまう可能性もあります。そこで今回は、正しい化粧水のつけ方をご紹介していきます。
実は汚れている!リュックの洗濯方法とは?

実は汚れている!リュックの洗濯方法とは?

日常的に着用する服や下着などは頻繁に洗濯をしているはず。しかし、日常的に使用しているにも関わらず「リュック」に関してはあまり洗濯をしないのでは?一見汚れてないように思えるリュックも、実は汗を吸ったり汚れがたまっていたりするもの!今回はそんなリュックの洗濯方法についてご紹介していきます。
カジスマ編集部 | 14,023 view
ウールコートを長持ちさせるお手入れ法とは?

ウールコートを長持ちさせるお手入れ法とは?

秋冬に大活躍するウールコート。できれば長持ちさせたいと思いつつ、どう手入れをしていいかわからずにすぐボロボロにしてしまっているという人も少なくないかもしれません。ウールコートをキレイな状態で長持ちさせたいのなら、季節ごとのクリーニングだけでは不十分。正しいお手入れ方法を知り、普段からのこまめな手入れで汚れを落としておくことが大切です。
カジスマ編集部 | 7,161 view
ネイルサロンいらず!自宅でのお手入れでキレイな「素爪」を保つ方法は?

ネイルサロンいらず!自宅でのお手入れでキレイな「素爪」を保つ方法は?

キレイな爪を保つのは女性にとって非常に大切なことです。しかし、社会人ともなるとネイル禁止の職場も多く、日々の忙しさもあってお手入れがついつい疎かになってしまうことも。また、結婚し子どもが産まれると家事や育児のためネイルができなくなってしまうという人も多いでしょう。そんな人たちのために、自宅でできるキレイな素爪を保つためのケアをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部