2019年3月28日 更新

化粧水をつけるなら手とコットンどっちがいい?正しいつけ方は?

毎日のお肌の保湿ケアとして、ほとんどの方が化粧水をつけているはず。しかし、保湿ケアの方法を間違えてしまうと、肌にダメージを与えてしまい逆効果になってしまう可能性もあります。そこで今回は、正しい化粧水のつけ方をご紹介していきます。

569 view お気に入り 0

化粧水は「手」と「コットン」どっちでつけるのが正解?

 (3802)

化粧水をつける際、「手でつける」か「コットンをつける」のかで悩んでしまう人も多いはず。しかし、これに関してはどちらも一長一短です。メリットとデメリットを知ったうえで、自分の好みや肌の状態によって選択しましょう。

●化粧水を手でつけるメリット・デメリット

メリット
・摩擦による肌への刺激が少ない!
・手の温度で肌が温められ、化粧水がなじみやすい!
・手で直接触れるため肌の状態が確認できる!

デメリット
・化粧水をつける際に手からこぼれて無駄になってしまう……
・化粧水のつき方にムラができてしまう可能性がある……
・手の雑菌が肌についてしまう恐れがある……

●化粧水をコットンでつけるメリット・デメリット

メリット
・凹凸がないため、化粧水をムラなくつけやすい!
・コットンパックとしても使える!
・衛生的に化粧水をつけることができる!

デメリット
・コットンを買う必要がある……
・コットンの繊維が肌へ刺激を与えてしまう恐れがある……
・コットンに化粧水が残ってしまいもったいない……

化粧水を正しくつけるにはどうしたらいい?

 (3805)

●手で塗る場合
1.適量から1/2~1/3ほどの化粧水を手に取り、手のひらに広げます。適量を一度につけるよりも、2~3回に分けてつけることで化粧水をより肌になじませることができます。

2.顔全体に化粧水をつけていきます。おでこや頬などの広い部分は手のひらを使って、目元や小鼻など細かいところは指の腹でなじませましょう。

3.適量分の化粧水がつけられるまで、1~2回ほど1と2を繰り返します。この際、特に乾燥が気になる部分は重ね付けをしておきましょう。

4.適量の化粧水がつけられたら、顔全体を両手で包んで数秒化粧水をなじませていきます。

●コットンでつける場合
1. コットンを人差し指と小指で挟みまんべんなく化粧水を染み込ませていきます。コットンの裏側までしみるくらい、たっぷりと染み込ませるようにするのがコツです。

2.顔の中心から外側に向かうように化粧水をつけていきます。この際、擦ったり強くたたいたりしないように軽い力で優しく行うよう注意が必要です。

3.化粧水をつけ終わったら、両手で顔全体を包み10秒~15秒ほどハンドプレスします。乾燥が気になる部分は丁寧にハンドプレスしておきましょう。

化粧水のあとは美容液や乳液をしっかりと!

 (3808)

化粧水をつけたあとは美容液や乳液などを塗って、水分を逃がさないようにしっかりと蓋をしておきましょう。その際は、化粧水が肌にしっかりなじんだあとに化粧水や美容液をつけるようにすることが大切です。化粧水が肌の表面に残っている状態で美容液や乳液をつけてしまうと、肌のうえで混ざり合ってしまい十分に効果を発揮することができなくなってしまいます。

正しく化粧水をつけてしっかりと保湿ケアを!

肌の保湿ケアをするうえで化粧水は欠かせません。化粧水は手でつける場合もコットンでつける場合も、正しいつけ方を心がける必要があります。逆効果になってしまわないように、正しく化粧水をつけるようにしていきましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プチプラなのに超優秀スキンケア!?馬油のもつ驚きの美肌効果

プチプラなのに超優秀スキンケア!?馬油のもつ驚きの美肌効果

古くから民間療法では「やけどの特効薬」として知られる馬油(ばあゆ)。馬の脂肪から精製した軟膏のような油です。実はこの馬油が、やけどに効くだけでなく高い美肌効果をもつとして、美容好きの女性たちから再び注目を集めています。その驚きの美肌効果とは、いったいどんなものなのでしょうか?
時間がない朝でもバッチリ!時短メイクのコツ!

時間がない朝でもバッチリ!時短メイクのコツ!

なにかと時間に追われる朝。出かける前にメイクをしたいのに、時間がなくて困っているという方も多いのではないでしょうか。そんなときは、メイク時間を短縮するテクニックで、忙しい朝でもゆとりをもって準備をすることができるはずです。今回は、朝のメイクを時短させるテクニックをご紹介します。
子どもにスキンケアって必要なの?

子どもにスキンケアって必要なの?

「子どもの肌はキレイだから、わざわざスキンケアをしなくても…」という考え方をする人は少なくありません。しかし、子どもの皮膚は大人と比べて非常に薄くて皮脂も少ないため、大人よりもずっと乾燥に弱く、外部の刺激にも敏感。実は、子どもにこそ毎日のスキンケアが必要なのです。乾燥しやすいこれからの季節に向けて、子どものための正しいスキンケアの方法を知っておきましょう。
ネイルサロンいらず!自宅でのお手入れでキレイな「素爪」を保つ方法は?

ネイルサロンいらず!自宅でのお手入れでキレイな「素爪」を保つ方法は?

キレイな爪を保つのは女性にとって非常に大切なことです。しかし、社会人ともなるとネイル禁止の職場も多く、日々の忙しさもあってお手入れがついつい疎かになってしまうことも。また、結婚し子どもが産まれると家事や育児のためネイルができなくなってしまうという人も多いでしょう。そんな人たちのために、自宅でできるキレイな素爪を保つためのケアをご紹介します。
これであなたも髪美人♡キレイな髪はこう作る!

これであなたも髪美人♡キレイな髪はこう作る!

よく手入れされた綺麗な髪は、女性の美しさを格上げしてくれる重要なパーツ。髪の正しい洗い方や乾かし方、お手入れに取り入れたいアイテムなどを知り、美髪美人を目指しましょう♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部