2018年12月19日 更新

子どもにスキンケアって必要なの?

「子どもの肌はキレイだから、わざわざスキンケアをしなくても…」という考え方をする人は少なくありません。しかし、子どもの皮膚は大人と比べて非常に薄くて皮脂も少ないため、大人よりもずっと乾燥に弱く、外部の刺激にも敏感。実は、子どもにこそ毎日のスキンケアが必要なのです。乾燥しやすいこれからの季節に向けて、子どものための正しいスキンケアの方法を知っておきましょう。

30 view お気に入り 0

子どものスキンケアの重要性

 (3391)

子どもの肌は薄く皮脂が少ないため、スキンケアで肌の水分を保ってあげないとすぐに乾燥してしまいます。肌が乾燥するとかゆみを引き起こし、寝つきの悪さや夜泣き、日中のイライラの原因になることもあります。

また、乾燥した肌はバリア機能を失った状態のため、ハウスダストなどアレルギーの原因物質が侵入しやすくなることがわかっています。
特に新生児期には、アレルギーを起こしやすい体質の子にスキンケアを行うことで、アトピー性皮膚炎などのアレルギー発症のリスクを減らすことが期待できます。

小学生になればスキンケアは不要?

 (3394)

これを読んでいる中には、「子どもが赤ちゃんだった頃はしっかりスキンケアをしていたけれど、今は小学生になったから必要ないのでは?」と感じているパパ・ママもいることでしょう。
しかし、小学生の子どもまだまだ皮膚が薄いのに加え、活発に活動するようになって外遊びでかぶった砂ぼこりや汗で肌は予想以上に汚れています。
汚れを落としたあとにきちんと保湿をするという基本のケアを習慣にしないと、簡単に肌荒れを起こしてしまうのです。

子どもがまだ小さいうちは、赤ちゃんの頃のようにパパ・ママがケアをしてあげる必要がありますが、自分のことは自分でできる年齢になってきたら、お風呂上がりのスキンケアは自分でさせることで習慣をつけてあげましょう。

正しいスキンケアの方法

 (3397)

では、子どものスキンケアはどんな方法で行えばいいのでしょうか。
基本は、お風呂でやさしく汚れを落とす、お風呂上がりに保湿する、の2ステップ。

お風呂で子どもの顔や体を洗う際は、低刺激の石鹸・ボディーソープを使い、スポンジやタオルなどではなく手のひらでそっと撫でるようにして洗います。お風呂上がりにはやわらかいタオルで肌を押さえるようにして水気を取り、5分以内に保湿剤で体を含む全身の肌に水分・油分を補給してあげましょう。使う保湿剤は、子ども向けの保湿ローションや乳液のほか、純度の高いワセリンなどがおすすめです。

毎日のスキンケアでトラブルのない肌へ

肌トラブルは子どもにかゆみ・痛みなどのさまざまなストレスを与えてしまいます。また、アレルギーや大人になっても残る痕の原因になってしまうことも。
子どもの肌はもともとキレイだからと油断せず、これからの乾燥時期は特に、毎日必ずスキンケアを行ってあげましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

流行中のTikTokとは?顔出し投稿のルールを親子で決めよう

流行中のTikTokとは?顔出し投稿のルールを親子で決めよう

今、若者の間で大流行中の動画共有プラットフォーム「TikTok」。TikTokで得た人気をバネに芸能界を目指す人もいるほど、若者にとっては注目度の高いアプリとなっています。しかし、投稿した動画は不特定多数の目に触れるため、動画をきっかけに予期せぬトラブルに巻き込まれてしまう危険も。わが子の安全を守るために、親としてできることはあるのでしょうか?
楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

子どもの成長のスピードって目を見張るものがあり、いつの間にかズリ這いからハイハイ、つかまり立ち、ヨチヨチ歩きと、もう少しゆっくり育ってくれればいいのに、なんて思ってしまった方も多いと思います。でも、だからこそしっかり取り組んでおきたい安全対策、こちらは子どもの成長に遅れを取らないことが肝心です。
子どもの好奇心を育てる「プレーパーク」とは

子どもの好奇心を育てる「プレーパーク」とは

公園でも、学童保育でもない子どもたちの居場所「プレーパーク」をご存知でしょうか。公園から遊具が撤去され、代わりに「ボール投げ禁止」の看板が立て掛けられる昨今、子どもたちがテレビゲームに夢中になるのも無理はありません。しかし、わが子をもっとのびのびと遊ばせたいとお考えなら、お近くのプレーパークに足を運んでみてはいかがでしょうか。
子供のため、どんなときでも夫婦はお互いをリスペクトしよう

子供のため、どんなときでも夫婦はお互いをリスペクトしよう

良好な家庭を築いていくためには、夫婦がお互いをリスペクトしていく姿勢が非常に大切です。リスペクトし合わず夫婦喧嘩ばかりしていると、自分たちだけでなく子供に良くない影響が出てしまう可能性もあります。子供の順調な成長のため、夫婦の関係を1度見直してみましょう。
読書と学力アップの因果関係は?…子どもの学力アップにはコツがある!?

読書と学力アップの因果関係は?…子どもの学力アップにはコツがある!?

皆さんは子どもの学力をアップさせたいと思った時、どんなことを考えますか?よく「小さい頃に読書をさせたから学力がアップした」という体験談を耳にしますが、読書が学力アップにつながるという因果関係はハッキリしているとは言えないそうで、「読書をさせたことで学力がアップした」のではなく、「学力の高い子が本を読んだだけ」と考える研究者もいるようです。では、子どもの学力をアップさせるにはどうしたら良いのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部