2018年12月19日 更新

子どもにスキンケアって必要なの?

「子どもの肌はキレイだから、わざわざスキンケアをしなくても…」という考え方をする人は少なくありません。しかし、子どもの皮膚は大人と比べて非常に薄くて皮脂も少ないため、大人よりもずっと乾燥に弱く、外部の刺激にも敏感。実は、子どもにこそ毎日のスキンケアが必要なのです。乾燥しやすいこれからの季節に向けて、子どものための正しいスキンケアの方法を知っておきましょう。

117 view お気に入り 0

子どものスキンケアの重要性

 (3391)

子どもの肌は薄く皮脂が少ないため、スキンケアで肌の水分を保ってあげないとすぐに乾燥してしまいます。肌が乾燥するとかゆみを引き起こし、寝つきの悪さや夜泣き、日中のイライラの原因になることもあります。

また、乾燥した肌はバリア機能を失った状態のため、ハウスダストなどアレルギーの原因物質が侵入しやすくなることがわかっています。
特に新生児期には、アレルギーを起こしやすい体質の子にスキンケアを行うことで、アトピー性皮膚炎などのアレルギー発症のリスクを減らすことが期待できます。

小学生になればスキンケアは不要?

 (3394)

これを読んでいる中には、「子どもが赤ちゃんだった頃はしっかりスキンケアをしていたけれど、今は小学生になったから必要ないのでは?」と感じているパパ・ママもいることでしょう。
しかし、小学生の子どもまだまだ皮膚が薄いのに加え、活発に活動するようになって外遊びでかぶった砂ぼこりや汗で肌は予想以上に汚れています。
汚れを落としたあとにきちんと保湿をするという基本のケアを習慣にしないと、簡単に肌荒れを起こしてしまうのです。

子どもがまだ小さいうちは、赤ちゃんの頃のようにパパ・ママがケアをしてあげる必要がありますが、自分のことは自分でできる年齢になってきたら、お風呂上がりのスキンケアは自分でさせることで習慣をつけてあげましょう。

正しいスキンケアの方法

 (3397)

では、子どものスキンケアはどんな方法で行えばいいのでしょうか。
基本は、お風呂でやさしく汚れを落とす、お風呂上がりに保湿する、の2ステップ。

お風呂で子どもの顔や体を洗う際は、低刺激の石鹸・ボディーソープを使い、スポンジやタオルなどではなく手のひらでそっと撫でるようにして洗います。お風呂上がりにはやわらかいタオルで肌を押さえるようにして水気を取り、5分以内に保湿剤で体を含む全身の肌に水分・油分を補給してあげましょう。使う保湿剤は、子ども向けの保湿ローションや乳液のほか、純度の高いワセリンなどがおすすめです。

毎日のスキンケアでトラブルのない肌へ

肌トラブルは子どもにかゆみ・痛みなどのさまざまなストレスを与えてしまいます。また、アレルギーや大人になっても残る痕の原因になってしまうことも。
子どもの肌はもともとキレイだからと油断せず、これからの乾燥時期は特に、毎日必ずスキンケアを行ってあげましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プチプラなのに超優秀スキンケア!?馬油のもつ驚きの美肌効果

プチプラなのに超優秀スキンケア!?馬油のもつ驚きの美肌効果

古くから民間療法では「やけどの特効薬」として知られる馬油(ばあゆ)。馬の脂肪から精製した軟膏のような油です。実はこの馬油が、やけどに効くだけでなく高い美肌効果をもつとして、美容好きの女性たちから再び注目を集めています。その驚きの美肌効果とは、いったいどんなものなのでしょうか?
化粧水をつけるなら手とコットンどっちがいい?正しいつけ方は?

化粧水をつけるなら手とコットンどっちがいい?正しいつけ方は?

毎日のお肌の保湿ケアとして、ほとんどの方が化粧水をつけているはず。しかし、保湿ケアの方法を間違えてしまうと、肌にダメージを与えてしまい逆効果になってしまう可能性もあります。そこで今回は、正しい化粧水のつけ方をご紹介していきます。
子どもの歯、仕上げ磨きはいつまでやってあげるべき?

子どもの歯、仕上げ磨きはいつまでやってあげるべき?

子どもの歯が生えたら、気をつけなければならないのが虫歯や歯肉炎などの口腔内トラブルです。  自分では隅々まで歯を磨くことのできない子どもたちの歯は、親による歯磨きで守ってあげなければなりません。子どもが自分で歯を磨くようになってもしばらくは仕上げ磨きが必要とされていますが、具体的にはいつまで仕上げ磨きをしてあげるべきなのでしょうか。
時間がない朝でもバッチリ!時短メイクのコツ!

時間がない朝でもバッチリ!時短メイクのコツ!

なにかと時間に追われる朝。出かける前にメイクをしたいのに、時間がなくて困っているという方も多いのではないでしょうか。そんなときは、メイク時間を短縮するテクニックで、忙しい朝でもゆとりをもって準備をすることができるはずです。今回は、朝のメイクを時短させるテクニックをご紹介します。
わが子と喧嘩してしまったら……

わが子と喧嘩してしまったら……

赤ちゃんのときは喧嘩のしようもありませんでしたが、3歳ごろからわが子と喧嘩をするようになってきたと悩むママは多いのではないでしょうか。しかし、子どもとの間で喧嘩が起きるのは決して問題があるわけではありません。大切なのは、喧嘩が発生した後の対応なのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部