2020年11月7日 更新

マスクが手放せない!でも気になる肌荒れ……予防・対処法は?

新型コロナウイルスの流行に伴って着用が推奨されているマスク。感染拡大防止の観点からいえばマスクは重要なアイテムではあるものの、最近はマスクによる肌荒れに悩む方が増えています。「マスクは外せないけど肌荒れは避けたい」と考えている方も多いはず。そこで今回は、マスクが原因となる肌荒れの予防法や対処法について解説します。

79 view お気に入り 0

マスクで肌が荒れるのはなぜ?

 (6931)

そもそもマスクをしているとなぜ「かゆみ」や「肌荒れ」が起こってしまうのでしょうか。まずはその原因について知っておきましょう。

・マスクの摩擦
マスクの着脱やズレを直す際にはマスクと肌が擦れることになります。その際に角層の表面が削られることで肌のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激でも赤み、かぶれ、ニキビの原因となります。

・マスク内部の蒸れ
マスクの中は温度・湿度が高くなるため、雑菌が繁殖しやすい環境です。また、それに伴って汗や皮脂も増えるためニキビや吹き出物ができやすくなる原因となります。

・マスクを外した際の乾燥
マスク着用時は蒸れているものの、マスクを外したときには内部の湿気が蒸散します。その際に肌の水分も奪われてしまうため、肌の乾燥などにつながります。

・繊維などの刺激
肌がマスクの素材に負けてしまい肌荒れにつながるケースも。また、繰り返し使えるマスクでは、繊維に残った洗剤成分が刺激になってしまうこともあるため注意が必要です。

低刺激な化粧品で丁寧なスキンケアが重要!

 (6932)

マスクで顔が隠れることを理由に、スキンケアをおろそかにしている方もいるかもしれません。しかし、スキンケアをおろそかにしていると肌のバリア機能が低下し、さらなる肌荒れを招く恐れがあります。帰宅後は低刺激の洗顔料などを使用して丁寧に汚れを洗い流し、お風呂上りも低刺激の化粧水・乳液で保湿ケアを行うようにしましょう。また、洗顔や保湿ケアの際は、なるべく摩擦を与えないようにやさしく行うことを心がけてくださいね。

ワセリンを塗ってお肌を守る!

 (6933)

マスクが当たりやすい頬・顎・鼻・耳は刺激を受けがちな部分。そういった場所にはマスクを着用する前にワセリンを塗っておくようにしましょう。ワセリンを塗ることで肌を刺激から守り、マスクによる肌荒れの軽減につながります。また、保湿効果があるのもうれしいポイントです!

マスク内の汗は適度に拭いておく!

マスク内は温度や湿度が高くなるため汗をかきやすい状態になっています。そのままでは雑菌が繁殖しやすい環境になっているため、ある程度「汗をかいたな」と感じたら汗を拭き取るようにしましょう。また、可能な場合は再度マスクをつける前に保湿ケアを行っておくのがおすすめです!

マスクをつけてもケアで美肌を保つ!

まだまだマスクが手放せない状態が続いており、だからこそ肌が荒れるのは避けたいものです。日ごろのケアをしっかり行って、マスクをつけていても美肌をしっかりと保っていきましょう!
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どもにスキンケアって必要なの?

子どもにスキンケアって必要なの?

「子どもの肌はキレイだから、わざわざスキンケアをしなくても…」という考え方をする人は少なくありません。しかし、子どもの皮膚は大人と比べて非常に薄くて皮脂も少ないため、大人よりもずっと乾燥に弱く、外部の刺激にも敏感。実は、子どもにこそ毎日のスキンケアが必要なのです。乾燥しやすいこれからの季節に向けて、子どものための正しいスキンケアの方法を知っておきましょう。
感染する前に対策を!インフルエンザを予防するポイント

感染する前に対策を!インフルエンザを予防するポイント

乾燥する冬は、インフルエンザが猛威を振るう季節。健康な成人でも高熱などの症状に苦しめられるインフルエンザですが、小さな子どもやお年寄りの場合は命にかかわることもあります。そこで今回は、普段の生活の中で実践できるインフルエンザの予防法をご紹介します。
時間がない朝でもバッチリ!時短メイクのコツ!

時間がない朝でもバッチリ!時短メイクのコツ!

なにかと時間に追われる朝。出かける前にメイクをしたいのに、時間がなくて困っているという方も多いのではないでしょうか。そんなときは、メイク時間を短縮するテクニックで、忙しい朝でもゆとりをもって準備をすることができるはずです。今回は、朝のメイクを時短させるテクニックをご紹介します。
化粧水をつけるなら手とコットンどっちがいい?正しいつけ方は?

化粧水をつけるなら手とコットンどっちがいい?正しいつけ方は?

毎日のお肌の保湿ケアとして、ほとんどの方が化粧水をつけているはず。しかし、保湿ケアの方法を間違えてしまうと、肌にダメージを与えてしまい逆効果になってしまう可能性もあります。そこで今回は、正しい化粧水のつけ方をご紹介していきます。
プチプラなのに超優秀スキンケア!?馬油のもつ驚きの美肌効果

プチプラなのに超優秀スキンケア!?馬油のもつ驚きの美肌効果

古くから民間療法では「やけどの特効薬」として知られる馬油(ばあゆ)。馬の脂肪から精製した軟膏のような油です。実はこの馬油が、やけどに効くだけでなく高い美肌効果をもつとして、美容好きの女性たちから再び注目を集めています。その驚きの美肌効果とは、いったいどんなものなのでしょうか?
カジスマ編集部 | 1,851 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部