2019年11月5日 更新

今年もそろそろ準備しよう!カレンダー選びのポイント

そろそろ2020年のカレンダーが販売される季節。自宅用、仕事用、取引先への年末挨拶用にカレンダーを購入する方も多いと思います。では、カレンダーを選ぶ際はどんなポイントに気を付ければいいのでしょうか?

知っておきたいカレンダーの種類

 (5340)

カレンダーには「壁掛けタイプ」と「卓上タイプ」の2種類に分けられます。壁掛けタイプはサイズが大きめのものが多く、写真やイラストがあるタイプとないタイプがあります。オフィスの壁や家のリビングなど、複数の人が見る場所に選ぶなら壁掛けタイプがおすすめです。

卓上タイプは小さめのものが多く、基本的には一人で使用するもの。机の上に置くことで、サッと日程やスケジュールを確認できるアイテムです。

自宅用カレンダーを選ぶポイント

 (5342)

自宅で使用するなら、大きめサイズの壁掛けタイプのカレンダーが使いやすそうです。大きめサイズは書き込みやすくパッと見て内容がわかるため、家族間で予定を共有するのに役立ちます。

壁掛けカレンダーは、インテリアに合ったデザインのものを選びましょう。子供がいる家庭ならイラストや動物が入ったものもおすすめです。風景写真の入ったものなら、インテリアにも季節感を反映することができます。

大人だけで暮らしていたり一人暮らしの場合は、にぎやかなデザインのカレンダーを飾るとごちゃごちゃした印象に。写真やイラストがないシンプルなタイプのものを選び、壁をすっきり見せましょう。

オフィス用カレンダーを選ぶポイント

 (5341)

お世話になっている取引先に、年末挨拶用のにカレンダーを贈る場合、複数の取引先のカレンダーから選ばれることも考え、先方に使ってもらいやすいものを意識して贈りましょう。

オフィスで使ってもらいやすいのは、シンプルでオフィスに置いていても違和感がなく、書き込みしやすいカレンダー。社名が大きく書かれているもの、けばけばしいデザインのもの、書き込む欄が小さいものなどは敬遠されてしまうこともあるので注意しましょう。

社員が多い会社の場合は共有スペースに掛けられる壁掛けタイプ。少人数の会社には社員一人ひとりが使える卓上タイプがおすすめです。

使うシーンを考えたカレンダー選びを

カレンダーを選ぶ際は、単に「デザインが可愛い」といった理由でなく、日常の中で使いやすいものかどうか、使う場所に溶け込むデザインかどうかを重視すると良さそうです。人に贈る場合は、使いやすさが更に重要になります。使うシーンをよくイメージしたうえで、その場にふさわしいカレンダーを選ぶことが大切です。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

室内を緑で彩る!観葉植物を置くメリットとは?

室内を緑で彩る!観葉植物を置くメリットとは?

「室内が無機質で味気ない……」という悩みを抱いている人に対して、おすすめしたいのが観葉植物です。ただ室内を緑で彩ってくれるだけでなく、その他にも観葉植物を置くのにはさまざまなメリットがあります。そこで今回は、観葉植物の魅力について詳しくご紹介していきましょう。
梅雨・夏を前に……気にしておきたい家の外壁

梅雨・夏を前に……気にしておきたい家の外壁

暖かく晴れの日が多い春はお出かけをするのにぴったりな季節。同時に、家の外壁を塗装するのにもぴったりな時期といえます。家の外壁は意識しておかないと放置してしまいがちですが、定期的にメンテナンスを行わないと、後で悔やむ結果となる可能性があります。梅雨・夏に入る前に一度外壁の状態を確認してみましょう!
もらったけど使わない壁掛けカレンダーの活用術

もらったけど使わない壁掛けカレンダーの活用術

年末に、お店や仕事の取引先からもらうことの多い壁掛けカレンダー。無料なので、ついもらいすぎてしまい、毎年カレンダーを余らせてしまう方も少なくないのではないでしょうか?今回は余ってしまった壁掛けカレンダーを捨てずに有効活用する方法をご紹介します。
子ども服どうしてる?気になる金銭事情や子ども服の選び方

子ども服どうしてる?気になる金銭事情や子ども服の選び方

子どもにかかるお金と言うと、幼稚園や保育園などの教育費や保険・医療費、また将来に向けた預貯金など大変多くの種類があります。しかし数ある子どもにかかる費用の中でも意外と馬鹿にできないのが衣類費ではないでしょうか?今回はそんな子ども服に関する情報をまとめてみました!
【リメイク術】ペットボトルをオシャレなインテリアに変身させよう!

【リメイク術】ペットボトルをオシャレなインテリアに変身させよう!

毎日の生活の中で、ペットボトルにまったく触れないという人は少ないのではないでしょうか。缶と違って蓋ができ、気軽に持ち運びができるペットボトルはとても便利ですよね。ただしペットボトルはあくまでも容器。当然、中身を飲み終わったらそのままゴミ箱に持っていくと思いますが、実はペットボトルという容器には大きな可能性が詰まっているとご存知でしたでしょうか。工夫次第で、一見何の変哲もなさそうなペットボトルを、オシャレなインテリアに変身させることも可能になるのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部