2017年10月12日 更新

上手な子どものトイレトレーニングの進め方

初めての子育てで大変なことの中にトイレトレーニングがあります。どのタイミングでトレーニングを開始すればいいのか、どれくらいの期間で自分で排泄できるようになるのかなど分からないことが多いですよね。そこで今回は、上手なトイレのトレーニング方法をご紹介します!

136 view お気に入り 0

トイレトレーニングを始めるタイミング

 (2304)

通常、トイトレを始めるタイミングは、2歳ごろのおしっこ感覚が2~3時間おきになったときや、おしっこしたと仕草や言葉で伝えてくるようになるころです。おしっこを失敗してしまったときのことを考えて、春~夏の薄着時期に始められることが理想と言えます。
また、トレーニングを開始したら、決まったタイミングでトイレトレーニングをするようにすると子供も「食べた後はおしっこ」と行動記憶しやすくなります。

おまるに座らせる

 (2307)

トイレトレーニングを始めるタイミングがつかめたら、まずはおまるから始めて見ましょう。
大人用のトイレでは地面に足がとどかないため、「怖い」「不安定」という気持ちから緊張したり、ストレスを感じてしまったりします。おまるなら、地面に足がつき、見守るママのそばで排泄できるので安心してするようになります。
慣れるまではおまるでトレーニングを進めましょう。おまるならどこにでも置けるので、収納も楽です。また、「ママ、もうウンチでそう」と言われたときもサッと持ってくることができます。

できなくても焦らない

 (2310)

おまるでのおしっこが慣れてきたら、次はトイレでのトレーニング開始です。トイレはどんな場所なのかを絵本を見せながら教えてトイレ環境を楽しいと思わせることがカギ。
食べた後にはおしっこがでなくてもなるべく行くようにしましょう。トイレトレーニングのポイントは、2分以上トイレに座らせておしっこが出ない場合はトイレから下ろしてあげることです。
出ないのに長時間座らせられているとストレスになってしまいます。さらに「出ないの?○○ちゃん、出るよね~?」など焦らせることもNG。あくまでもトイレは楽しい場所と思わせないとトイレが嫌いになってしまうかもしれません。

笑顔で見守る

トイレは何をする場所か認識するまでに時間がかかってしまう子もいます。そのため、中々思うようにおしっこが出ないということもありますが、怒ったり焦らせたりはせずに笑顔で見守ってあげましょう。
おしっこやウンチができたら「良くできたね!気持ちいいでしょ?」など褒めてトイレは快適な場所というイメージを伝えることが大切です。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どもの歯、仕上げ磨きはいつまでやってあげるべき?

子どもの歯、仕上げ磨きはいつまでやってあげるべき?

子どもの歯が生えたら、気をつけなければならないのが虫歯や歯肉炎などの口腔内トラブルです。  自分では隅々まで歯を磨くことのできない子どもたちの歯は、親による歯磨きで守ってあげなければなりません。子どもが自分で歯を磨くようになってもしばらくは仕上げ磨きが必要とされていますが、具体的にはいつまで仕上げ磨きをしてあげるべきなのでしょうか。
わが子と喧嘩してしまったら……

わが子と喧嘩してしまったら……

赤ちゃんのときは喧嘩のしようもありませんでしたが、3歳ごろからわが子と喧嘩をするようになってきたと悩むママは多いのではないでしょうか。しかし、子どもとの間で喧嘩が起きるのは決して問題があるわけではありません。大切なのは、喧嘩が発生した後の対応なのです。
子どもに好き嫌いが多いのには理由があった!

子どもに好き嫌いが多いのには理由があった!

出されたものはなんでも食べるという子どもがいる一方で、好き嫌いが激しい子どもも少なくはありません。お母さんやお父さんの中には、子どもの好き嫌いに手を焼いているという方も少なくないはず。しかし、実は子どもの好き嫌いには理由があるといわれているんです!子どもの好き嫌いに悩んでいるのであれば、まずは子どもが好き嫌いをする理由について知っておく必要がありますね。
カジスマ編集部 | 1,207 view
子どもが気に入る!手作り入園グッズのアイデア

子どもが気に入る!手作り入園グッズのアイデア

保育園や幼稚園に通う時に必要になるのが手提げ袋や体操着袋、お弁当袋などの入園グッズです。雑貨屋さんに行けば機能的な既製品がいくらでも手に入りますが、かわいい盛りのわが子の持ち物は手作りで用意したいという方も多いはずです。そこで今回はそんなお母さんに向けて、手作りの品を子どもに気に入ってもらうコツを紹介します。
カジスマ編集部 | 7,651 view
子どもにスキンケアって必要なの?

子どもにスキンケアって必要なの?

「子どもの肌はキレイだから、わざわざスキンケアをしなくても…」という考え方をする人は少なくありません。しかし、子どもの皮膚は大人と比べて非常に薄くて皮脂も少ないため、大人よりもずっと乾燥に弱く、外部の刺激にも敏感。実は、子どもにこそ毎日のスキンケアが必要なのです。乾燥しやすいこれからの季節に向けて、子どものための正しいスキンケアの方法を知っておきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部