2017年3月9日 更新

赤ちゃんが眠らない・・・、原因と対処法を知ろう

可愛い我が子が全然眠ってくれなかったとしたら、心配でどうしたらいいのか分からなくなってしまいますね。赤ちゃんの睡眠には個人差がありますから、いろいろな原因が考えられます。今回は赤ちゃんが眠らない原因と対処法についてまとめてみました。参考にしてみてください。

81 view お気に入り 0

急激に発達している新生児期

 (1053)

新生児期の赤ちゃんは、母親のお腹の中にいたころのリズムで寝たり起きたりします。このリズムには個人差があるため、よく眠る赤ちゃんや、そうでない赤ちゃんがいます。
新生児期の赤ちゃんの脳は急激に発達しています。この時期には脳の神経細胞の整理がされているため、赤ちゃんの体内では大きな変化が起こっているのかもしれません。
新生児期は、昼夜の区別はまだつきませんがたくさんの刺激をその小さな頭の中で整理しています。生後3〜4ヶ月頃になると、ようやくリズムが整ってきます。赤ちゃんがなかなか眠らないということがあっても、ずっと新生児期のままではありません。あまり心配せずに赤ちゃんに対応しましょう。

新生児期の赤ちゃんが眠らない原因は?

 (1146)

乳児期の赤ちゃんが眠らないと、両親は原因をひたすら考えてしまうことでしょう。原因は必ずしもひとつではありません。たとえば授乳後なら、まずはげっぷを出してあげた後、寝かせ方を変えてみましょう。乳児期は胃の位置が縦になっているそうです。普通に寝かせても胸が苦しくなることが多いので、頭を少し高くするようにして寝かせてみてください。抱っこのときも同様です。
また赤ちゃんがなかなか寝なくて泣いてしまう原因の多くは、哺乳量の不足です。体力がないので、たくさん飲めないということも考えられます。赤ちゃんが上手に飲める練習をしていると考えて、授乳回数を多くしてみたり、母乳だけでなくミルクを足すことも考えてみて哺乳量を補ってみましょう。

暑くても寒くても眠れない

 (1147)

また赤ちゃんは、大人が思っている以上に体温調節がまだ上手くできません。大人にはなんでもない気温や室温でも、赤ちゃんには暑かったり寒かったりすることがあります。注意深く体を触ってあげて、汗をかいていないか、冷えていないかを確かめてあげましょう。場合によっては、室温や着るものなどを調整してみてください。
夏生まれの赤ちゃんは、空調を上手に利用しつつ、直接風が当たらないなどの工夫を、冬生まれの赤ちゃんは、肌着や布団で調整してあげましょう。快適に過ごせていたお腹の中と違い、外界は刺激だらけです。ママの抱っこで落ち着かせてあげることも有効です。

まとめ

慣れ親しんだお腹の中とは違う環境に馴染もうと、赤ちゃんは一生懸命です。全身を使って周りの刺激を感じとっています。産後間もないお母さんも、乳幼児期は体力的にも精神的にも疲労がたまる時期です。ひとりでなんとかしようとせず、周りにも頼って心身をしっかり休めるようにしてください。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロンパースはいつ頃まで?選び方は?

ロンパースはいつ頃まで?選び方は?

赤ちゃんに着せるロンパースは豊富なデザインが魅力で、ママとしてこだわりたいアイテムですよね。「ロンパースっていつ頃まで着せるもの?」と実は分からない方もいるはず。そこで今回は、「ロンパースはいつまで着せるもの」問題についてお答えするとともに、選び方のコツについても解説します。
育児の負担が軽減できる!液体ミルクのすすめ

育児の負担が軽減できる!液体ミルクのすすめ

2019年に日本でも液体ミルクが解禁されました。調乳の必要がなくそのまま哺乳瓶に移し替えるだけで飲ませることができ、比較的長期間保存できるため、「災害時に備えておこう」と購入するお母さんが多いようです。今回は、そんな液体ミルクの特徴やメリットについてご紹介します。
夏から秋に季節が移行する時期、赤ちゃんの服はどうする?

夏から秋に季節が移行する時期、赤ちゃんの服はどうする?

夏から秋に移行する時期は気温が不安定なため、赤ちゃんに着せる服に悩むお母さんも多いのでは?この時期にはどんなベビー服を着せたらよいのかを解説します。
楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

子どもの成長のスピードって目を見張るものがあり、いつの間にかズリ這いからハイハイ、つかまり立ち、ヨチヨチ歩きと、もう少しゆっくり育ってくれればいいのに、なんて思ってしまった方も多いと思います。でも、だからこそしっかり取り組んでおきたい安全対策、こちらは子どもの成長に遅れを取らないことが肝心です。
赤ちゃんが離乳食で、えずく原因と対処法

赤ちゃんが離乳食で、えずく原因と対処法

赤ちゃんにミルク以外のものをあげるようになる、離乳食初期。「固さは大丈夫かな」、「食材はこれで良いかな」とお母さんも緊張することでしょう。そんな離乳食初期に赤ちゃんが離乳食を食べてくれず、吐くような仕草をすることがあります。この反応は「えずき」。今回は赤ちゃんが離乳食でえずく原因と対処法についてまとめてみました。
カジスマ編集部 | 6,899 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部