2017年4月28日 更新

赤ちゃんが離乳食で、えずく原因と対処法

赤ちゃんにミルク以外のものをあげるようになる、離乳食初期。「固さは大丈夫かな」、「食材はこれで良いかな」とお母さんも緊張することでしょう。そんな離乳食初期に赤ちゃんが離乳食を食べてくれず、吐くような仕草をすることがあります。この反応は「えずき」。今回は赤ちゃんが離乳食でえずく原因と対処法についてまとめてみました。

1,707 view お気に入り 0

えずくのは反射的な行動?

 (1149)

それまで母乳やミルクなどの液体しか口に入れたことのなかった赤ちゃんに、いきなり固形物をあげることはできません。離乳食はトロトロした形状のものばかり。しかしこの時期の赤ちゃんにとってはトロトロした食感の舌ざわりが悪く、えずいてしまうことがあります。もし食材のすりつぶしが足りないようなら、つぶつぶ感がなくなるまでなめらかにして、水分を加えてみるのも手です。水分を足すことで飲み込みやすくなることがあります。
また食感には問題がなくても、赤ちゃんが新しい体験に驚いている場合もあります。口に入ってきたものを、とっさで舌で押し返している状態です。これはいわば反射的な行動なので、ごくごく少量を口に入れてみることで赤ちゃんの驚きを最小限にすることができるはずです。

えずくのはアレルギーの可能性も

 (1176)

場合によっては、その食材が苦手で赤ちゃんがえずくこともあります。どの食材が苦手なのかは、赤ちゃんに実際に食べてもらうまでは分からないものですが、ずっとえずく食材があるようならしばらくは離乳食から外しましょう。苦手なだけではなく、アレルギーの可能性もあるからです。
当然、お母さんとしてもアレルギーには注意しつつ食材をあげているとは思いますが、それでも個人差があります。そこで、えずいた食材はメモしておくのがベター。お医者さんに相談するときの役に立つ上、今後ほかの人がその赤ちゃんに離乳食を食べさせる場合にも必要な情報になります。
またアレルギー反応でなくても、赤ちゃんの体調が悪いときはえずくことがあります。鼻水や痰などが溜まっていると、口呼吸になるからです。体調が悪いようなら離乳食をいったんお休みしましょう。

急いで飲み込もうとしているのかも

Instagram (1150)

離乳食を急いで食べ過ぎてえずくこともありますが、その場合、離乳食を食べる時間帯を調整することで解決するかもしれません。起きたばかりの赤ちゃんは空腹すぎて、急いで離乳食を飲み込もうとしてえずくことがあります。一方で、満腹のときもえずくことがあります。朝一番の授乳が終わってから、お腹が空く少し手前で離乳食を食べさせてみることをお勧めします。

まとめ

離乳食には少しずつ慣れていくことで、赤ちゃんもお母さんも対応が分かってくるでしょう。でも、おかしいなと感じたら、自分で判断せず、すぐに病院で医師に相談するのを忘れないようにしましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

育児の負担が軽減できる!液体ミルクのすすめ

育児の負担が軽減できる!液体ミルクのすすめ

2019年に日本でも液体ミルクが解禁されました。調乳の必要がなくそのまま哺乳瓶に移し替えるだけで飲ませることができ、比較的長期間保存できるため、「災害時に備えておこう」と購入するお母さんが多いようです。今回は、そんな液体ミルクの特徴やメリットについてご紹介します。
夏から秋に季節が移行する時期、赤ちゃんの服はどうする?

夏から秋に季節が移行する時期、赤ちゃんの服はどうする?

夏から秋に移行する時期は気温が不安定なため、赤ちゃんに着せる服に悩むお母さんも多いのでは?この時期にはどんなベビー服を着せたらよいのかを解説します。
楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

子どもの成長のスピードって目を見張るものがあり、いつの間にかズリ這いからハイハイ、つかまり立ち、ヨチヨチ歩きと、もう少しゆっくり育ってくれればいいのに、なんて思ってしまった方も多いと思います。でも、だからこそしっかり取り組んでおきたい安全対策、こちらは子どもの成長に遅れを取らないことが肝心です。
赤ちゃんが何でも口に入れる理由は?実は意外なメリットも!?

赤ちゃんが何でも口に入れる理由は?実は意外なメリットも!?

赤ちゃんは身近な手に触る物をすぐ口に入れたがります。これは物だけでなく、自分の手足も口に持っていきますね。ばい菌のことを考えると止めさせたいと考えるママも多いでしょう。 でも、なぜ口に物を入れてしまうのでしょうか?その理由を明確に知っている人は少ないかもしれません。ここでは口に入れる行動と赤ちゃんの能力が関係していることをご紹介します。
子供が赤ちゃん返りをしてしまう原因と対処法

子供が赤ちゃん返りをしてしまう原因と対処法

下の子が生まれると、上の子が赤ちゃん返りをするというケースがあるようです。子供の赤ちゃん返りの原因と対処法をここではご紹介します。今までできていたことが突然できなくなる子供には、ここでご紹介する方法を一度試してみてください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部