2020年6月20日 更新

ロンパースはいつ頃まで?選び方は?

赤ちゃんに着せるロンパースは豊富なデザインが魅力で、ママとしてこだわりたいアイテムですよね。「ロンパースっていつ頃まで着せるもの?」と実は分からない方もいるはず。そこで今回は、「ロンパースはいつまで着せるもの」問題についてお答えするとともに、選び方のコツについても解説します。

460 view お気に入り 0

ロンパースはいつまで?

 (6338)

トップスとボトムスが一対となっており、ハイハイなどで脱げてしまう心配がないロンパース。基本的に前開き・横開きタイプのロンパースは、新生児の段階から着せ始めるママが多くいます。頭から被るタイプのロンパースは、赤ちゃんの首がすわってから着せる方が多いです。

着せるタイミングは分かりやすい一方、悩みどころとなるのが「いつまで着せるか」です。ロンパースは上下のコーデを考える必要がないので、ママとしてはありがたいアイテム。ただし、赤ちゃんが歩き出す頃には、使用を終えた方がいいですね。ロンパースは歩くのに適したデザインではないので、より動きやすいセパレートタイプに切り替えるのがおすすめです。

ロンパースを選ぶときのコツ

 (6339)

ロンパースのデザインは非常に豊富で、「うちの子はどれが似合うかな?」と選ぶ楽しみもあります。とはいえ、ロンパース選びでもっとも重視すべきはデザインではなく素材。いくらおしゃれでかわいいデザインのロンパースでも、着心地が悪いとデリケートな赤ちゃんの肌には刺激があります。なるべく化学繊維が使われていない、コットン素材などのものを選ぶようにしましょう。

また、サイズ選びも要注意です。赤ちゃんの成長は非常に早いので、今現在のサイズをチョイスしてしまうと、あっという間に小さくなってしまうかもしれません。ロンパースを購入する際は、少し大きめのものを選ぶようにしましょう。

覚えておきたいロンパースとカバーオールの違い

 (6340)

ロンパースを選ぶ際、意識しておきたいのがロンパースとカバーオールの違いです。特徴が非常に似ている両者ですが、大きな違いとして「足まで覆うタイプかどうか」が挙げられます。ロンパースは足までは覆わないタイプが多い一方、カバーオールは足まですっぽり覆ってくれるタイプが多いのが特徴です。

ロンパースには外出用として使いやすいメリットがあり、カバーオールには寒い冬でも身体をしっかり守ってくれるメリットがあります。どちらもそれぞれ魅力があるので、可能であれば両方そろえておくといいですね。

ロンパースは赤ちゃんの快適さを考えて選ぼう!

ロンパースは赤ちゃんにとっての普段着であり、パジャマも同然。かわいいデザインも大切ですが、赤ちゃんが快適に過ごせる着心地を第一優先に選んであげましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

育児の負担が軽減できる!液体ミルクのすすめ

育児の負担が軽減できる!液体ミルクのすすめ

2019年に日本でも液体ミルクが解禁されました。調乳の必要がなくそのまま哺乳瓶に移し替えるだけで飲ませることができ、比較的長期間保存できるため、「災害時に備えておこう」と購入するお母さんが多いようです。今回は、そんな液体ミルクの特徴やメリットについてご紹介します。
楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

子どもの成長のスピードって目を見張るものがあり、いつの間にかズリ這いからハイハイ、つかまり立ち、ヨチヨチ歩きと、もう少しゆっくり育ってくれればいいのに、なんて思ってしまった方も多いと思います。でも、だからこそしっかり取り組んでおきたい安全対策、こちらは子どもの成長に遅れを取らないことが肝心です。
出勤前にチェック!オフィスカジュアルのイロハ

出勤前にチェック!オフィスカジュアルのイロハ

新年度が始まって、「新しく働き始めた」「職場を変えた」という方も多いのではないでしょうか。そこで悩んでしまいがちなのが服装について。スーツや制服があればあまり悩むこともないかもしれませんが、クールビズの普及やオンライン会議の増加で、職場に着ていく服もラフになっている傾向があります。ここで意識しておかなければいけないのが、「ラフ」と「だらしない」は紙一重ということ。そこで今回は、迷いがちなオフィスカジュアルコーデで押さえておきたいポイントについて解説します。
カジスマ編集部 | 1,426 view
教育にも!子育てにピッタリな絵本「3選」

教育にも!子育てにピッタリな絵本「3選」

絵本は子どもを楽しませるだけでなく、知育や感受性の向上にも役立ちます。しかし、一口に絵本と言ってもその数は膨大であり、「どれを選んだら良いかわからない」という方もいるでしょう。そこで今回は、特にオススメしたい絵本をいくつかご紹介します。
カジスマ編集部 | 1,403 view
子どもを感染症から守るために意識しておきたい対策とは

子どもを感染症から守るために意識しておきたい対策とは

新型コロナウイルス終息の見込みが立たない現在、多くのママの不安材料としてあるのが、「小さな子どもの感染症対策」でしょう。子どもを未知のウイルスから守るため、外出はなるべくさせたくないと考える一方、「何でもかんでも禁止はしたくない」というジレンマを抱えているかもしれません。今回はそんなママに向けて、子どもを感染症から守るポイントについてご紹介します。
カジスマ編集部 | 4,067 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部