2019年8月31日 更新

夏から秋に季節が移行する時期、赤ちゃんの服はどうする?

夏から秋に移行する時期は気温が不安定なため、赤ちゃんに着せる服に悩むお母さんも多いのでは?この時期にはどんなベビー服を着せたらよいのかを解説します。

54 view お気に入り 0

赤ちゃんは暑がり!基本は薄着でOK

 (4991)

赤ちゃんは体温調節が苦手なうえ、暑がりで汗っかき。まだ暑さの残る時期に厚着させると、汗をかいてかえって体が冷えてしまうこともあります。

夏から秋に移行する9月ごろの服装は、短肌着にカバーオールを重ねる程度でOK。お母さん・お父さんが肌寒いと感じる気温なら、長袖を着せたり羽織り物をプラスしたりしましょう。

外出時は羽織り物を持参しよう

 (4993)

赤ちゃんは体温調節が苦手で、大人よりも体が熱しやすく冷めやすいという特徴があります。外出先ではエアコンが効きすぎている可能性もあるので、冷え予防のために必ず羽織り物を持参してください。

赤ちゃんは自分で「寒い」「暑い」と訴えることができません。太ももや二の腕を触って冷えているようなら重ね着をさせ、汗をかいているようなら薄着にします。

手足の先が冷たくても体は「暑い」と感じている場合もあるので、体の中心部分に近い太ももや二の腕の温度で判断しましょう。

また、体温調節に便利な羽織り物ですが、フード付きのものは首が締まって事故につながる可能性も。今後購入する際には、できるだけフードのついていないものを選ぶことをオススメします。

パジャマも薄手のものを着せる

 (4992)

夏から秋に移行する時期は、パジャマも薄手のものを。赤ちゃんは暑がりのため、大人から見て「少し薄いかな?」と思うくらいで問題ありません。

大人が「肌寒くなってきたな」と感じるような時期になったら、長袖のパジャマを着せたり、布団を厚手のものにしたりして調節してください。

ベビー服は「大人と同じor1枚少ない」枚数でOK

赤ちゃんは汗をかきやすいうえ、大人が思っている以上に暑がり。ベビー服は大人と同程度か、大人よりも1枚少ないくらいの枚数がベストです。

ただし、赤ちゃんは体温調節が上手くできないため、急な冷え込みや冷房の寒さで体が冷えてしまうこともあります。外出の際は必ず羽織り物を用意し、赤ちゃんの状態に合わせてこまめに着せてあげましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この秋何着る?アウターに悩んだらとりあえずコレ!

この秋何着る?アウターに悩んだらとりあえずコレ!

朝晩の冷え込みが気になるようになってきた今日この頃。そろそろ秋物アウターをコーディネートに取り入れる季節です。ここでは、「この秋はどんなアウターを着ればいいの?」とお悩みの方に、この秋着たいトレンドのアウターをご紹介します♪
夏に気になる汗染み……対策方法は?

夏に気になる汗染み……対策方法は?

暑さと湿度がセットで襲ってくる日本の夏。熱中症などの不安も大きくなる季節ですが、女性にとって気になるのが「汗染み」ではないでしょうか。おしゃれをしたくても、汗染みが気になって二の足を踏んでしまうという方は、決して少なくないはず。今回は、夏に気になりがちな汗染みの対策方法について紹介します。
犬や猫も夏バテをする!見極め方や対策は?

犬や猫も夏バテをする!見極め方や対策は?

暑い夏は熱中症や夏バテに注意する必要がありますが、それは人間だけではありません。実は、犬や猫も人間同様、夏バテをするため、飼い主は意識してペットの健康状態をチェックしましょう。今回は、ペットの健康を維持するため、犬や猫が夏バテしているかどうかの見極め方や対策方法を紹介します。
夏の通勤を少しでも快適に……おすすめのグッズを紹介!

夏の通勤を少しでも快適に……おすすめのグッズを紹介!

厳しい暑さが続く夏はできるだけ家にいたいと思っていても、仕事には行かなければいけません。リモートワークが増えたとはいえ、まだまだ出勤しなくてはいけない場面も多いはず。そこで今回は、夏の出勤を少しでも快適にするグッズを紹介していきます。
今年も台風や集中豪雨に注意!防災意識を高めておこう

今年も台風や集中豪雨に注意!防災意識を高めておこう

近年、日本では大型台風や集中豪雨などの水害による被害が大きくなっています。水害は甚大な損害を与えるだけでなく、最悪の場合は人の命さえも奪います。災害のシーズンになる前に、今のうちから防災意識を高めておきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部