2019年8月31日 更新

夏から秋に季節が移行する時期、赤ちゃんの服はどうする?

夏から秋に移行する時期は気温が不安定なため、赤ちゃんに着せる服に悩むお母さんも多いのでは?この時期にはどんなベビー服を着せたらよいのかを解説します。

22 view お気に入り 0

赤ちゃんは暑がり!基本は薄着でOK

 (4991)

赤ちゃんは体温調節が苦手なうえ、暑がりで汗っかき。まだ暑さの残る時期に厚着させると、汗をかいてかえって体が冷えてしまうこともあります。

夏から秋に移行する9月ごろの服装は、短肌着にカバーオールを重ねる程度でOK。お母さん・お父さんが肌寒いと感じる気温なら、長袖を着せたり羽織り物をプラスしたりしましょう。

外出時は羽織り物を持参しよう

 (4993)

赤ちゃんは体温調節が苦手で、大人よりも体が熱しやすく冷めやすいという特徴があります。外出先ではエアコンが効きすぎている可能性もあるので、冷え予防のために必ず羽織り物を持参してください。

赤ちゃんは自分で「寒い」「暑い」と訴えることができません。太ももや二の腕を触って冷えているようなら重ね着をさせ、汗をかいているようなら薄着にします。

手足の先が冷たくても体は「暑い」と感じている場合もあるので、体の中心部分に近い太ももや二の腕の温度で判断しましょう。

また、体温調節に便利な羽織り物ですが、フード付きのものは首が締まって事故につながる可能性も。今後購入する際には、できるだけフードのついていないものを選ぶことをオススメします。

パジャマも薄手のものを着せる

 (4992)

夏から秋に移行する時期は、パジャマも薄手のものを。赤ちゃんは暑がりのため、大人から見て「少し薄いかな?」と思うくらいで問題ありません。

大人が「肌寒くなってきたな」と感じるような時期になったら、長袖のパジャマを着せたり、布団を厚手のものにしたりして調節してください。

ベビー服は「大人と同じor1枚少ない」枚数でOK

赤ちゃんは汗をかきやすいうえ、大人が思っている以上に暑がり。ベビー服は大人と同程度か、大人よりも1枚少ないくらいの枚数がベストです。

ただし、赤ちゃんは体温調節が上手くできないため、急な冷え込みや冷房の寒さで体が冷えてしまうこともあります。外出の際は必ず羽織り物を用意し、赤ちゃんの状態に合わせてこまめに着せてあげましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大雨の多い季節!車の運転時はハイドロプレーニング現象に注意しよう

大雨の多い季節!車の運転時はハイドロプレーニング現象に注意しよう

台風や集中豪雨など雨が多く降る季節に注意をしておきたいのが、車の運転。いつも以上に安全運転を心がけるのはもちろん、大雨の時に起こりやすいハイドロプレーニング現象にも警戒をしておく必要があります。では、ハイドロプレーニングとはいったい、どのような現象なのでしょうか。
実は梅雨より厄介⁉これからの季節は秋雨前線に注意!

実は梅雨より厄介⁉これからの季節は秋雨前線に注意!

長く続いた令和最初の梅雨。毎日雨ばかりで嫌気がさしてしまった人も多いのではないでしょうか?梅雨が終わり、夏が終われば次はあっという間に秋。秋は心地よい季節ですが、「秋の長雨」という言葉があるように雨が多い季節でもあります。台風と重なることもあり、実は梅雨より厄介とも言われる秋の雨。今回はそんな「秋雨」について解説します。
秋は風邪の季節?今のうちから徹底しておきたい風邪対策

秋は風邪の季節?今のうちから徹底しておきたい風邪対策

暑い夏が終わり、過ごしやすい秋になるとホッと一息つく人は多いでしょう。しかし、秋は風邪をひいてしまいがちな季節でもあります。油断して、自分や家族が風邪をひいてしまわないためにも、対策は徹底しておきたいところ。ではそのために、どのような行動をとればいいのでしょうか。
夏のスーツを選ぶ際におさえておきたいポイント!

夏のスーツを選ぶ際におさえておきたいポイント!

最近ではノージャケットなどのクールビズも浸透してきましたが、まだまだ営業や訪問などをする場合はジャケット着用が必須ということもあるはず。そういったとき、厳しい暑さの中で少しでも快適に過ごすことができるように、今回は夏用のスーツ選びについてご紹介していきます。
夏のお弁当で気をつけることは?傷みにくいオススメのおかずも!

夏のお弁当で気をつけることは?傷みにくいオススメのおかずも!

気温が高く、湿度も高い夏の季節。お弁当を作るの際は、おかずの傷みに注意しなければいけません。せっかく作ったお弁当も傷んでしまっては台無しです。そこで今回は、夏のお弁当で気をつけるポイントや、傷みにくいおかずをご紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部