2018年8月2日 更新

好き嫌いが多い子に!苦手な食材をおいしく食べさせるメニュー

子どもの好き嫌いに手を焼いているママは多いのではないでしょうか。中でも野菜は、子どもに嫌われる食材の代表格といえます。野菜にはビタミンなど身体に必要な成分が多く含まれているため、できればたくさん食べて欲しいもの。そのためには、メニューに一工夫が必要かもしれません。

90 view お気に入り 0

メニュー①:野菜カレー

 (1714)

子どもから大人まで、老若男女問わず愛され続けている日本の代表的料理カレーライス。ただおいしいだけではなく、カレーには複数のスパイスが使われているため、身体にも非常に良い料理といわれています。

そんなカレーに野菜をふんだんに取り入れた野菜カレーであれば、子どもであっても抵抗なく野菜を食べられるようになるはず!味がよくわからないといって忌避される野菜ですが、カレーのルーによって味つけがリードされるのが大きなポイントです。

メニュー②:クリームシチュー

 (1717)

カレーと同じく、大人子ども問わず人気なのが「クリームシチュー」。牛乳がたっぷりと入った濃厚でクリーミーな味わいは、特に冬などの寒い季節にうってつけです。クリームシチューに入れる食材は、ニンジンやジャガイモ、タマネギなど、本来であれば子どもからの人気が低いものばかり。カレー同様シチューの濃厚な味わいが、カレー同様野菜の短所を上手く補ってくれているためオススメです。

メニュー③:春巻き

 (1720)

中華料理の定番であり、パリッとした食感が人気の春巻き。写真のような揚げ春巻きの他に、生春巻きという種類もあり、カロリーが気になる場合は生春巻きの方がオススメです。魅力は、野菜が詰まったその中身。春雨を入れるのが定番ですが、他にもお好みに応じてニンジンやピーマン、たけのこ、キャベツ、ナスなどを炒めて味つけすることで具にすることができます。

子どもにとっても、一見野菜が詰まっているとは思えない揚げものであり、食べたあともしっかりと味つけがされていることから、抵抗感なく食べることができる料理といえるでしょう。

食材の好き嫌いを治すには、料理で一工夫を

子どもが好き嫌いをするのは特別変わったことではありません。大事なのは「嫌いなものは仕方ない」と諦めてしまうのではなく、日ごろの料理の中で加える一工夫です。少し手間がかかってしまうかもしれませんが、子どもの好き嫌いを治すため一頑張りしてみましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子育てで覚えておきたい「周囲を頼る意識」

子育てで覚えておきたい「周囲を頼る意識」

子育てをしていれば、追いつめられたり悩んだりする場面も多くあるでしょう。そんなときに持っておくべきなのが、「周囲を頼る意識」です。周囲を頼ることで、自分も子供も救われるケースは多々あります。両親や行政など、頼れるものには頼っていく姿勢を意識しておきましょう。
ジメジメした日は要注意!食べ物にカビが発生するのを防ぐ方法

ジメジメした日は要注意!食べ物にカビが発生するのを防ぐ方法

これからジメジメとした梅雨に突入していくにつれて、注意を払わなければいけないのが食べ物に発生する「カビ」です。食品の管理に問題があると、たちまちカビが発生してしまいます。それだけでなく、知らずに口にすると健康を大きく損なう危険もあるカビについては、よく理解しておく必要があるでしょう。
カジスマ編集部 | 2,175 view
わが子と喧嘩してしまったら……

わが子と喧嘩してしまったら……

赤ちゃんのときは喧嘩のしようもありませんでしたが、3歳ごろからわが子と喧嘩をするようになってきたと悩むママは多いのではないでしょうか。しかし、子どもとの間で喧嘩が起きるのは決して問題があるわけではありません。大切なのは、喧嘩が発生した後の対応なのです。
書くより簡単?声のブログ・SNSを始めてみよう!

書くより簡単?声のブログ・SNSを始めてみよう!

自分の日常をつづって読者に情報を届けるブログは、子育て中の主婦の方にも人気の趣味です。最近では文字ではなく、“声”で情報を届ける新しいSNSも登場し注目を集めています。すでにブログを書いている方も、これからブログを書こうと思っている方も、新しい表現の形として「声」を使ったブログやSNSを始めてみてはいかがでしょうか?
子どもに好き嫌いが多いのには理由があった!

子どもに好き嫌いが多いのには理由があった!

出されたものはなんでも食べるという子どもがいる一方で、好き嫌いが激しい子どもも少なくはありません。お母さんやお父さんの中には、子どもの好き嫌いに手を焼いているという方も少なくないはず。しかし、実は子どもの好き嫌いには理由があるといわれているんです!子どもの好き嫌いに悩んでいるのであれば、まずは子どもが好き嫌いをする理由について知っておく必要がありますね。
カジスマ編集部 | 1,212 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部