2019年8月2日 更新

今からでも間に合う!?くびれを取り戻すストレッチ!

もうすっかり暑くなり、薄着や水着の季節になりました!しかし、「ダイエットが完了していないから体を晒すのに抵抗が……」という悩みを抱えている方も少なくないのでは?もしかしたらその悩みは、ちょっとしたストレッチで解消できてしまうかもしれません。そこで今回は、直前でもまだ間に合うくびれを取り戻すストレッチをご紹介していきます。

229 view お気に入り 0

腹斜筋を刺激するツイストストレッチ

※写真はイメージです

※写真はイメージです

やり方

1. 右足を左足の前でクロスさせ立ちます。
2. 右手を後ろに回し、お尻の左側を持ちます。お尻が持ちにくい場合は、後ろ側へ手を回すだけでも構いません。
3. 左手は胸の高さに上げ、息を吐きながら手の平で押すように右方向へ伸ばし、10秒キープしたら元の姿勢に戻します。
4. 3.と同じように右下へ左手を伸ばし、10秒キープしたら元の姿勢に戻します。
5. 反対側も同様に行いましょう。左右で10回ずつ行うと効果的です。

腹斜筋を刺激するのと同時に肩甲骨を動かすことができるので、肩こりの解消にもつながるストレッチです。立ったまま行うことができるので、ちょっとした休憩時間やテレビを観ながらでも行うことができます。

寝ながらくびれを作るストレッチ!

※写真はイメージです

※写真はイメージです

やり方

1. 横向きに寝て、下側の腕を伸ばし頭をのせます。上側の腕は胸の前に軽く置いておきましょう。
2. ゆっくり息を吐きながら、両脚を浮かせできる限り持ち上げます。左右の脚が離れないようにピッタリとくっつけておきましょう。
3. 息を吸いながら両脚を床のギリギリまでおろします。
4. 2.と3.をゆっくりと呼吸しながら10回ほど繰り返します。
5. 反対側も同じように行いましょう。

寝っ転がりながらできるストレッチなので、リビングでテレビを観ながらでも行うことが可能です。全体を通してお腹をしっかりと緊張させて、上側のくびれ部分の筋肉を使うように意識しながら行うようにしましょう。

超簡単!座ってねじるだけのストレッチ!

※写真はイメージです

※写真はイメージです

やり方

1. 浅めに椅子に座り、右足を上にして足を組みます。
2. 左手を右ひざに当て、右手を椅子の後ろに添えます。この際、足はしっかりと床につけておきましょう。
3. 息を吸いながら背筋を伸ばし、息を吐きながら腰を右方向にねじっていきます。左目で、肩ごしの床を見るようにして首筋もゆっくり伸ばしていきましょう。限界までねじったら、呼吸をしながら30秒その体勢をキープします。
4. 反対方向も同じように行いましょう。

椅子に座って体をねじるだけなので、家でくつろいでいるときだけでなく仕事中にも行うことができます。また、寝る前にベッドで腰掛けて行うのもよいでしょう。首や肩に力を入れすぎたり、背中が丸まってしまったりしないように意識するのがポイントです。

ストレッチでくびれを取り戻す!

気温も暑くなり、すっかり薄着や水着の季節ですが、「くびれが……」と悩みを抱えているのであれば、ストレッチを試してみてはいかがでしょうか。ちょっとした努力で貴重なくびれを取り戻せるかもしれません!

但し、いろいろとメリットの多いストレッチですが、体調がすぐれないとき、どこか痛いところがあったりする場合は、決して無理をしないでください。
目に見える効果よりも、先ずは気分転換のところぐらいから、というのがおすすめです。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コロナによる外出自粛……運動不足はお家で解消!

コロナによる外出自粛……運動不足はお家で解消!

寒さで体を動かすことが億劫になる冬。また、今年はコロナによる外出自粛の影響もあり、「外で思いっきり運動する」ということが難しい状況です。そこで気になるのが運動不足や正月太りではないでしょうか。今回は、家でもできる運動不足解消法について解説します。
気になる顔のたるみは顔の筋トレで改善!

気になる顔のたるみは顔の筋トレで改善!

年齢とともに気になる顔のたるみ。顔がたるむとシワができやすくなり老け見えの原因に……。しかし、そんなたるみは顔の筋肉を鍛えることで改善することが可能です。ではどのようなトレーニングを行えばいいのでしょうか。今回は、顔のたるみの改善を目指せるトレーニングの方法をご紹介します。
カジスマ編集部 | 2,371 view
日常生活や仕事中でもできる「ながらダイエット」

日常生活や仕事中でもできる「ながらダイエット」

ランニングや筋トレなどガッツリと運動を行うのはちょっと大変。しかし、普段の生活の中でダイエットができるとしたらどうでしょうか。今回は、仕事中や日常生活の中でできる「ながらダイエット」をご紹介します。
「しっかり食べる」がコツ!リバウンドしないダイエット!

「しっかり食べる」がコツ!リバウンドしないダイエット!

段々と暑くなり、服装も薄着になるこの季節。「ダイエットしなければ!」と考えている方も多いはず。しかし、ダイエットは正しく行わなければ、リバウンドしてしまうだけでなく健康にも害を及ぼす恐れがあります。リバウンドせず健康的に痩せるためには、栄養摂取のバランスを心がけることが大切です。そこで今回は、「しっかり食べるダイエット」についてご紹介していきます。
夏は太りやすい季節!?「夏太り」に注意!

夏は太りやすい季節!?「夏太り」に注意!

「夏は汗をたくさんかくし、食欲も落ちるから痩せやすい」と思ってはいませんか?しかし、実はそれは大きな間違い! 夏は太りやすい季節ともいわれ「夏太り」という言葉もあるほど……。たくさんの汗をかき食欲も落ちるのに、なぜ夏は太りやすい季節といわれているのでしょうか。今回は、その理由について解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部