2021年5月11日 更新

「主婦休みの日」ってなに?目的や内容について知ろう

皆さんは主婦休みの日を知っていますか?主婦休みの日とは年に3回訪れる日本の記念日。「どのような記念日か知らなかった」「知ってはいたけど何もしていない」という方も多いはず。そこで、主婦休みの日について解説していきます。

64 view お気に入り 0

「主婦休みの日」とは?

 (7296)

主婦休みの日とは、決まった休みがない主婦・主夫やママさんのために作られた記念日です。1月25日、5月25日、9月25日の計3日間で、大型連休の後に設定されています。日常生活の中で忘れがちな、家事をしてくれる人へ感謝をするきっかけを作る日として、2009年4月にサンケイリビング新聞社が日本記念日協会に申請し認定されました。ちなみに、主婦休みの日という名前ではありますが、ここでの主婦は「普段から家事を担当している人」を指し、主夫も含まれているそうですよ♪

主婦休みの日は「家事」について考える日でもある!

 (7298)

実は、主婦休みの日はただ家事を休むだけでなく、以下のような3つの目的も含まれている記念日!ではその目的をチェックしてしましょう。

・家事という仕事を夫婦(家族)で一緒に考える
・家族で家事にチャレンジしてもらう日
・主婦(主夫)が元気になることで、日本も元気になれる日

主婦休みの日とはいっても、いきなり完全に家事を休んでしまうと家庭が大混乱してしまうかもしれません。しっかりと家事から離れてリフレッシュするためには家族の理解と協力が必要です。

主婦休みの日に完全に休むことは難しいかもしれませんが、家事について家族で考える日にするのも一つの過ごし方。家事について理解を得られれば、今後家事の負担を減らすことができるかもしれませんよ♪

家事代行サービスの利用を検討するのも一つの手!

 (7300)

ある程度家事に対して理解がある家庭なら、主婦休みの日に思い切ってリフレッシュすることもできますよね。しかし、やはり家事を任せることに不安を感じてしまう方も少なくないはず。また、その1日だけ家事をしないだけであれば、「家事を後回しにしているだけでは……?」と考えてしまう方もいるかもしれません。
そこで、思い切って家事代行サービスをお願いしてみるのも一つの手!お金はかかってしまいますが、気兼ねなく主婦休みの日を満喫することが可能です。主婦休みの日をきっかけに、家事代行サービスの利用について家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。

まずは家族の理解と協力を!

定休日がない家事は大変なお仕事です。主婦休みの日は、まずは家族と家事について話してみてはいかがでしょうか。家族の理解と協力を得て、年に3回の主婦休みの日を有意義に過ごしましょう!
また、家族の協力があれば、3回以上増やせるかもしれませんね。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大掃除を効率よく終わらせるなら計画を立てることが重要!

大掃除を効率よく終わらせるなら計画を立てることが重要!

新しい年をきれいな空間で迎えるために行う大掃除。しかし、家中をピカピカにするのは手間がかかるため、どこから始めていいのか悩んでしまう人も多いでしょう。まずはしっかり計画を立ててから、大掃除を開始する必要があります。今回は、大掃除する際の順番やプランニングの考え方についてご紹介します。
2021年夏メイクのトレンドは?

2021年夏メイクのトレンドは?

まだまだマスクが手放せない時期が続いていますが、そんなときだからこそ、トレンドを取り入れたメイクで気分を盛り上げてみませんか?また、マスクをしている上での、意識しておきたいトレンドポイントも!そこで今回は、2021年夏のメイクトレンド情報やトレンドカラーなどについての情報をお届けします。
火を使わないで楽チン♪夏料理のレシピ!

火を使わないで楽チン♪夏料理のレシピ!

ただでさえ暑さが厳しい夏、火を使うキッチンはちょっとパス!とも思っちゃったりします。とはいえ、「夏は全く料理をしない!」というわけにもいかないでしょう。そんなお悩みを解決するべく、今回は火を使わずにできる夏レシピをピックアップしてみました!夏の暑いキッチンに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪
夏は太りやすい季節!?「夏太り」に注意!

夏は太りやすい季節!?「夏太り」に注意!

「夏は汗をたくさんかくし、食欲も落ちるから痩せやすい」と思ってはいませんか?しかし、実はそれは大きな間違い! 夏は太りやすい季節ともいわれ「夏太り」という言葉もあるほど……。たくさんの汗をかき食欲も落ちるのに、なぜ夏は太りやすい季節といわれているのでしょうか。今回は、その理由について解説します。
マスク熱中症や子どものマスク着用について再確認!注意しておきたいポイントは?

マスク熱中症や子どものマスク着用について再確認!注意しておきたいポイントは?

まだまだマスクが手放せない日々が続いていますが、厳しい暑さの中でマスクを着用し続けることでマスク熱中症などのリスクが懸念されています。コロナ禍で迎える二度目の夏となっていますが、ここで一度マスクの着用で注意しておきたいポイントについておさらいしておきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部