2019年11月28日 更新

飲み物は持ち歩く時代!タンブラーを使うメリットとは

近年は外出時や仕事のときに、タンブラーに飲み物を入れて持参する人が増えています。ここでは、タンブラーを持ち歩くメリットやタンブラーと水筒の違い、選び方などについてご紹介します。

飲み物代は軽視できない出費

 (5214)

毎月の出費の中で、意外と大きな割合を占めるのが「飲み物代」。コンビニや自販機で買うペットボトルなどの飲み物にかかる費用のほか、カフェで飲むコーヒーなどの代金を含めて計算すると、自分でも驚くくらいの出費になっていたという方も少なくないのではないでしょうか。

例えば毎日150円のペットボトルのお茶を1本購入するだけでも、月の出費は4500円になります。このほかにジュースを購入したり、カフェでコーヒーを飲んだりすれば、月に10000円近い出費になってしまいます。「ひとつ150円程度だし」と軽視していては、出費はかさんでしまいます。

飲み物代を節約したい方は、ぜひ自宅でタンブラーに飲み物を入れ、持ち歩く習慣をつけましょう。タンブラーなら飲み物代を節約できるのはもちろん、好きな飲み物を入れることができるため、いつでも自分好みの味を楽しめます。

タンブラーと水筒の違いとは?

 (5215)

水筒とは、飲み物を長時間持ち歩くために作られたもの。気密性が高く中身がこぼれにくいので、バッグの中に入れて持ち運べます。

一方、タンブラーとは、卓上で使うコップに蓋がついたもの。保温性が高くいつでも最適の温度の飲み物を楽しめますが、水筒に比べるとこぼれにくさはやや劣ります。持ち歩くときは手で持つか、専用のバッグなどに入れて運びましょう。

タンブラーの選び方

 (5216)

タンブラーは飲み物をベストな温度のまま保つことができるのがメリット。高性能なタンブラーが欲しいのであれば、「二重構造」で保温性が高いものを選ぶようにしましょう。

タンブラーは大きく分けて2種類があり、プラスチック製、ステンレス製がメインです。軽さを求めるのであればプラスチック製、保温性を求めるのであればステンレス製を選ぶなど、自分のライフスタイルに合ったタンブラー選びをしましょう。

カフェのドリンクを楽しみたいなら……

「飲み物代を節約したいけど、たまにはカフェのコーヒーも飲みたい!」そんな方におすすめなのが、「マイボトル割引」を受ける方法です。割引金額はカフェによって異なりますが、大手チェーンのカフェにタンブラーを持ち込むことで、多いところではドリンクが50円引きになるところも。「たまにはカフェで贅沢したいな」と感じたときは、ぜひ利用してみてくださいね♪
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これから暑くなる季節!水分補給のため覚えておきたい麦茶と緑茶の違い

これから暑くなる季節!水分補給のため覚えておきたい麦茶と緑茶の違い

これから暑くなる季節に向けて、意識を徹底しておきたいのが「水分補給」です。水分補給を怠っていると熱中症などの危険も多くなってきます。水分補給を考えたとき、多くの人が飲むのが「麦茶」と「緑茶」ではないでしょうか。そこで今回は、麦茶と緑茶の特徴と違いについてご紹介していきます。
カジスマ編集部 | 10,235 view
挽き立てコーヒーが楽しめる!コーヒーミルの魅力と選び方

挽き立てコーヒーが楽しめる!コーヒーミルの魅力と選び方

コーヒーの香りをもっとも楽しめるのは、淹れるときでも飲むときでもなく、実は豆を挽くタイミングと言われているのをご存知でしょうか。自宅にコーヒーミルがあれば、好きなときに豊かなコーヒーの香りと挽きたてのおいしいコーヒーを楽しむことができます。そこで、コーヒーミルの魅力と選ぶ際に注目しておきたいポイントについてお伝えします。
今年もそろそろ準備しよう!カレンダー選びのポイント

今年もそろそろ準備しよう!カレンダー選びのポイント

そろそろ2020年のカレンダーが販売される季節。自宅用、仕事用、取引先への年末挨拶用にカレンダーを購入する方も多いと思います。では、カレンダーを選ぶ際はどんなポイントに気を付ければいいのでしょうか?
「褒める子育て」のメリットとデメリット

「褒める子育て」のメリットとデメリット

褒める子育てという言葉が広まってからずいぶん日が経ちました。称賛ばかりがされていた頃と違い、最近ではデメリットについてもよく言及されるようになっているようです。そこで今回は、褒める子育ての功罪について迫っていきます。
#ファインダー越しの私の世界 写真を趣味にするメリット

#ファインダー越しの私の世界 写真を趣味にするメリット

インスタグラムで「#ファインダー越しの私の世界」と検索すると、500万件以上にものぼる投稿があります。それだけ、写真というのは多くの人を魅了するものなのです。では写真にはいったいどのような魅力があるのでしょうか。SNSが普及した現在では、写真はただ撮って満足するというものではなくなってきています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部