2018年11月2日 更新

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その2

這えば立て、立てば歩めの親心 などという川柳もありますが、さあ子どもがよちよち歩き始めると、いよいよ目が離せなくなります 行動にもスピード感が増してくるので、更なる安全対策を講じたいところです

149 view お気に入り 0

行動力が向上する、後追い時期

子どもが歩き出すようになると、その行動半径も拡がりますが、同時に行動のスピードが
向上したり様々な知恵も発達してきます。
部屋にいると思っていたら、部屋のドアを自分で開けて他に行ってしまったり、なんてことが
よく起ってドッキリさせられるのもこの時期でしょうか

お家の階段も危険個所

 (3498)

子どもが階段を自分で上り下りできるくらい、成長してくると、片時も目を……なんて時期よりは
少しゆとりも出てくるかもしれませんが、まだまだ油断は禁物

なぜなら、お家の階段の段差はまだ身体の小さいうちは、結構なダメージになりかねません
そんな階段用の安全対策には、川口技研の「スベラーズ」が有効です

階段にワンタッチで貼って取り付けられ、階段の上り下りに足を滑らす危険を軽減します
また、万一、足を滑らせた際には、コーナーがクッション構造になっていますので、
ぶつかった際の衝撃が緩和されます
 (3494)

「スベラーズ」にはいろいろなカラーのバリエーションがあり、お好みの色を選ぶことができますが、
最近、ホワイトカラーの新商品が登場しました

ホワイトカラーは、インテリアに対するデザイン性が高いだけでなく、クッキリと目立つ色でもあるので、
視力が弱くなった高齢者の方にも視認性の高さを発揮します

子どもにもお年寄りにも、安心を高めるアイテムです

詳しい情報は下記をご覧ください

まとめ

もちろん、ここに書いた対策をしていればOKということではありません
思いもよらないことをするのが子ども、ということもあります

でも、ケアをしてあげることで未然に防げる可能性があるのなら、ぜひそれは取り組むべきです

特に、最近胸が痛いのがベランダなどからの転落事故のニュースです
ベランダなどには、子どもの足場になってしまう荷物や段ボールなどを置かないように
常に留意していましょう
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

子どもの成長のスピードって目を見張るものがあり、いつの間にかズリ這いからハイハイ、つかまり立ち、ヨチヨチ歩きと、もう少しゆっくり育ってくれればいいのに、なんて思ってしまった方も多いと思います。でも、だからこそしっかり取り組んでおきたい安全対策、こちらは子どもの成長に遅れを取らないことが肝心です。
わが子と喧嘩してしまったら……

わが子と喧嘩してしまったら……

赤ちゃんのときは喧嘩のしようもありませんでしたが、3歳ごろからわが子と喧嘩をするようになってきたと悩むママは多いのではないでしょうか。しかし、子どもとの間で喧嘩が起きるのは決して問題があるわけではありません。大切なのは、喧嘩が発生した後の対応なのです。
子どもが気に入る!手作り入園グッズのアイデア

子どもが気に入る!手作り入園グッズのアイデア

保育園や幼稚園に通う時に必要になるのが手提げ袋や体操着袋、お弁当袋などの入園グッズです。雑貨屋さんに行けば機能的な既製品がいくらでも手に入りますが、かわいい盛りのわが子の持ち物は手作りで用意したいという方も多いはずです。そこで今回はそんなお母さんに向けて、手作りの品を子どもに気に入ってもらうコツを紹介します。
カジスマ編集部 | 7,648 view
書くより簡単?声のブログ・SNSを始めてみよう!

書くより簡単?声のブログ・SNSを始めてみよう!

自分の日常をつづって読者に情報を届けるブログは、子育て中の主婦の方にも人気の趣味です。最近では文字ではなく、“声”で情報を届ける新しいSNSも登場し注目を集めています。すでにブログを書いている方も、これからブログを書こうと思っている方も、新しい表現の形として「声」を使ったブログやSNSを始めてみてはいかがでしょうか?
子どもに好き嫌いが多いのには理由があった!

子どもに好き嫌いが多いのには理由があった!

出されたものはなんでも食べるという子どもがいる一方で、好き嫌いが激しい子どもも少なくはありません。お母さんやお父さんの中には、子どもの好き嫌いに手を焼いているという方も少なくないはず。しかし、実は子どもの好き嫌いには理由があるといわれているんです!子どもの好き嫌いに悩んでいるのであれば、まずは子どもが好き嫌いをする理由について知っておく必要がありますね。
カジスマ編集部 | 1,205 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部