2018年6月18日 更新

後輩ママの本音は?欲しいおさがり・いらないおさがり

自分の家で着なくなった服を他の家に譲るおさがり。すぐに着られなくなる子どもの服などを有効活用できるので、あげたことがある、もらったことがあるという方も多いかもしれません。しかし、あげた方は好意のつもりでも、もらった方は実は迷惑……ということも時にはあります。お互いが気持ち良くおさがりを利用するには、いったいどんな工夫が必要なのでしょうか?

958 view お気に入り 0

おさがりはいらない?後輩ママの本音

 (3026)

子育て中はとにかく物入りなうえ、子どもの服はすぐに着られなくなるので「おさがりをもらって助かった!」という方も多いでしょう。しかし、その一方で「おさがりはいらない」と考えるママが少なくないのもまた事実。気になるその理由とは?

●趣味が合わない
人の好みは千差万別。いくら自分が可愛い、かっこいいと思った服であっても、他人からすると全く趣味に合わないということもあります。自分の趣味でない服、子どもが喜ばない服を着せたいと思うママはあまりいないでしょう。また、「数年前に流行ったデザインのものを今もらっても困る」という声も。

●汚れている・ボロボロになっているのが嫌
おさがりの中には、何度も使用されてボロボロになっていたり、汚れているものも。「子どもの服はどうせ汚れるものだし、普段着ならどんなものでもいい」という人もいますが、やはり汚れや傷みが気になる人もいます。

●サイズが合わない
もらって最も困るのが、ずばりサイズの合わない服。デザインが好みでなかったり、多少汚れていたりしても着られないことはありませんが、サイズの全く合わない服はもはやただのゴミでしかありません。「これから大きくなるからいいだろう」と少し大きめの服を譲った場合でも、季節モノの場合はタイミングが合わずに着られないこともあります。

こんなおさがりなら欲しい!

 (3027)

後輩ママの本音を聞き、「せっかく善意であげていたのに迷惑なんて……」とがっかりした方も多いのでは? しかし、「どんなおさがりも迷惑」というわけではなく、喜ばれるおさがりも少なからずあるようです。それらがこちら。

●ほぼ未使用で状態のいいもの
シミやほつれのない新品同然のキレイな服は、よほど好みやサイズがかけ離れていない限り大抵のママに喜ばれます。貰い物などで使わなかった服はぜひ捨てずにとっておき、後輩ママに譲ってあげましょう。

●ブランド物や制服など高価なもの
自分ではなかなか手が届かないブランド物の服は、やはり多くのママから喜ばれるようです。また、子どもの幼稚園や学校が同じ場合に、大変喜ばれるのが制服や体操着のおさがり。高価なうえに成長に合わせて何度も買い替える必要があるので、状態のいいものなら非常に助かるという声が多く聞かれました。

おさがりをあげるときのマナーとは

 (3028)

不用品が処分できるうえ「いいことをした」という気分になれるので、あげる方にとってはいいことずくめのおさがりですが、これまで見てきたように、後輩ママに必ず喜ばれるわけでもないようです。そのため、あげる側も以下のような「マナー」を守る必要があります。

●あげるのは状態のいいものだけに
何度も言いますが、汚れや傷みが目立つボロボロの服を欲しいと思うママはいません。いらないからと言っておさがりにすると、多くの人は「ゴミを押し付けられた」と不快に思います。自分にとってのゴミは、他人にとってもただのゴミであることを肝に銘じておきましょう。

●一度に大量のおさがりをあげない
衣替えの季節などは大量の不要な服がでることがありますが、一度に大量の服をもらっても収納しきれない家庭がほとんど。一人に押し付けるのではなく、何人かに分散させたり、リサイクルショップも併用したりすることをおすすめします。

●本当に欲しいと思っているかを見極める
口では「助かります」と言っていても、実はおさがり自体が不要だと感じている人も少なくはありません。あげた服を全く使っている様子がない場合などは「ありがた迷惑」の可能性が高いので、おさがりを渡すのは控えた方が無難かもしれません。

「善意の押し付け」にならないように注意

おさがりは非常にありがたがられることもある一方で、「大きなお世話」になることも少なくありません。本当におさがりを必要としているのか、欲しいと思ってもらえるおさがりなのかをよく見極めたうえで、お互いが気持ちよく「おさがり」という仕組みを活用できるように努めましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2022年10月に変わった児童手当!変更点や注意点とは?

2022年10月に変わった児童手当!変更点や注意点とは?

子育て家庭にはうれしい児童手当ですが、2022年10月に改正児童手当法が適用され、所得制限が設けられました。そこで今回は、児童手当制度の変更点や所得制限について紹介します。
カジスマ編集部 | 10,450 view
2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げ!2023年の成人式はどうなる?

2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げ!2023年の成人式はどうなる?

成人になるということは、一人前の大人として扱われ始める人生においての大きな節目。今までは20歳から成人として扱われていましたが、法改正によって令和4年度からは成人年齢が18歳へと引き下げられることになりました。そこで気になるのが、成人年齢引き下げによる変化や成人式の扱い。今回は、成人年齢引き下げの影響についてまとめてみました!
寒い冬に大活躍!ダウンジャケットの選び方は?

寒い冬に大活躍!ダウンジャケットの選び方は?

これからやってくる寒い冬を乗り切るため、重要となるのが服装のチョイスです。特に寒さが厳しい季節には、ダウンジャケットは大きな役割を果たしてくれます。抜群の防寒性を備えているダウンジャケットは、真冬には必須といっても過言ではありません。とはいえ、一口にダウンジャケットといっても種類や品質はさまざまであり、どれを購入すれば良いかで悩んでしまう方もいるはず。そこで今回は、ダウンジャケットの基礎知識や選ぶポイントなどについて解説します。
教育にも!子育てにピッタリな絵本「3選」

教育にも!子育てにピッタリな絵本「3選」

絵本は子どもを楽しませるだけでなく、知育や感受性の向上にも役立ちます。しかし、一口に絵本と言ってもその数は膨大であり、「どれを選んだら良いかわからない」という方もいるでしょう。そこで今回は、特にオススメしたい絵本をいくつかご紹介します。
カジスマ編集部 | 1,598 view
子どもを感染症から守るために意識しておきたい対策とは

子どもを感染症から守るために意識しておきたい対策とは

新型コロナウイルス終息の見込みが立たない現在、多くのママの不安材料としてあるのが、「小さな子どもの感染症対策」でしょう。子どもを未知のウイルスから守るため、外出はなるべくさせたくないと考える一方、「何でもかんでも禁止はしたくない」というジレンマを抱えているかもしれません。今回はそんなママに向けて、子どもを感染症から守るポイントについてご紹介します。
カジスマ編集部 | 4,199 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部