2020年2月27日 更新

【事前準備】小学校の入学式!親は何に気をつければいい?

子どものいる家庭にとっての1大イベントが、小学校の入学式です。入学式には気をつけねばならないポイントが多過ぎて、ママとしては混乱してしまうかもしれません。そこで今回はそんなママの手助けとなれるよう、入学式の注意点についてポイントをまとめてご紹介していきます。

入学式までに準備しておきたいポイント

 (5668)

6年間通うことになる小学校では、必要なものが数多くあります。具体的に用意しておかなければならないアイテムは、基本的に以下の通りです。(詳細は学校に確認しましょう)

・ランドセル
・防災頭巾
・上履き
・給食セット(給食着・給食袋・水筒・箸・スプーンなど)
・文房具(筆箱・鉛筆・消しゴム・下敷き・定規など)
・運動靴
・体育館シューズ
・体育着

このリストのなかでも特に意識しておきたいのがランドセル。現在ではデザイン性が高いものを始めとしたランドセルが数多く揃っています。ランドセルは、祖父母の方からのプレゼントになることも多く、うっかりするとダブってしまうことも。早めに誰が買い揃えるかを検討し、ある程度子どもの使いやすさなども検討しつつ購入するようにしましょう。また、ランドセルは6年間使用するので、ランドセルカバーも合わせて購入するといいですね。

当日も気を抜かない!スタートが肝心

 (5671)

入学式までに必要なものをすべて準備できたとしても、肝心の入学式で忘れ物があってはいけません。当日も気を抜かず、しっかりと持ち物を確認しつつ入学式に臨みましょう!

子どもの文房具など、結構こまごましたものにまで名前を入れておく必要があり、間際になると大変な思いをしてしまうかもしれません。時間に余裕をもって揃えて、準備をしておくことをお薦めします。
そのほか、防犯グッズの使い方なども事前に確認しておきましょう。

入学式で親が注意したい点とは?

 (5674)

子どもにばかり注意が向き、親の方に不備があっては格好がつかないため要注意です。入学式で注意しておきたいポイントとして、真っ先に挙げられるのが服装。目立ち過ぎるような派手な服装や、カジュアル過ぎる服装は控えるようにしましょう。

特にママの場合は、ひざ下丈のスカートを心がけるのが大切。シンプルで品のあるワンピーススーツなどを着用すると、悪目立ちする心配はありません。

入学式を前に準備を万端にしておこう!

入学式で子どもの成長をしみじみと感じることに専念するためにも、準備には余裕をもっておきたいもの。今回ご紹介した内容を参考に、しっかりと早めの心がけを進めていくようにしていきましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

DIY女子増加中!楽しむためのコツと準備をご紹介

DIY女子増加中!楽しむためのコツと準備をご紹介

ちょっとした家具などを、自分の手で作っていけるDIY。最近では家具を「買う」のではなく、「作る」人が増えています。とはいえ、いざDIYを始めようとしたとき「どう楽しめばいいのか」「何を準備すれば良いのか」で悩んでしまうかもしれません。そこで今回は、DIYを楽しむコツと準備のポイントについてご紹介します。
子育てには、「おんぶ」と「抱っこ」どっちがいい?

子育てには、「おんぶ」と「抱っこ」どっちがいい?

子供を運ぶ際に「抱っこ紐」を使うのが主流になり、現代ではほとんどの親が「抱っこ」をしています。しかし、日本で昔から子育て時にしていた「おんぶ」には、実はさまざまなメリットがあるとわかっています。今回は「抱っこ」「おんぶ」それぞれのメリット、デメリットをご紹介します。
育児の負担が軽減できる!液体ミルクのすすめ

育児の負担が軽減できる!液体ミルクのすすめ

2019年に日本でも液体ミルクが解禁されました。調乳の必要がなくそのまま哺乳瓶に移し替えるだけで飲ませることができ、比較的長期間保存できるため、「災害時に備えておこう」と購入するお母さんが多いようです。今回は、そんな液体ミルクの特徴やメリットについてご紹介します。
絶賛反抗期中…子供とどう向き合えばいい?

絶賛反抗期中…子供とどう向き合えばいい?

子供には何度か反抗期が訪れますが、今回取り上げるのは思春期に訪れる反抗期についてです。反抗期の子供への対応がわからず、悩んでしまっている人は多いのではないでしょうか。今回はそんな人たちに向けて、反抗期の子供へ対する向き合い方をご紹介していきます。
「褒める子育て」のメリットとデメリット

「褒める子育て」のメリットとデメリット

褒める子育てという言葉が広まってからずいぶん日が経ちました。称賛ばかりがされていた頃と違い、最近ではデメリットについてもよく言及されるようになっているようです。そこで今回は、褒める子育ての功罪について迫っていきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部