2018年11月4日 更新

さつまいもはダイエットに効果的!?

秋の味覚さつまいも。甘くてほくほくとしたさつまいもが好きという方も多いかと思いますが、「太りやすいのでは?」とついつい敬遠してしまってはいませんか?しかし、実はさつまいもはダイエットにも向いている食材でもあるんです!そこで今回は、ダイエットに向いている理由やその方法などをご紹介していきます。

86 view お気に入り 0

「ご飯」を「さつまいも」に置き換えてダイエット!

 (3457)

さつまいもでダイエットを行う方法はいたってシンプル。「ご飯」を「さつまいも」に置き換えるだけ。昼食や夕食などに食べる、ご飯やパンなどの主食の代わりにさつまいもを食べるようにするというものです。おかずは基本的に自由なので、ストレスも少なく比較的継続しやすいダイエットといえます。また、ついついお菓子に手が伸びてしまうという方は、それらの間食をさつまいもに置き換えるのもよいかもしれません。

さつまいもがダイエットに向いている3つの理由!

 (3460)

▼お米・パンよりも低カロリー
さつまいもは一見カロリーが高いように思われますが、実はお米やパンよりも低カロリーな食材。もちろん、カロリーのカットの面で考えた場合、他にカロリーの低い食材はたくさんありますが、さつまいもは栄養面や満腹感を考慮したうえで優秀な食材なのです。

▼さつまいもは低GI食品
さつまいもは、お米や食パンと比べると血糖値が上昇しにくい「低GI」の食材です。つまり、さつまいもを食べた際は、穏やかに糖質が吸収されるため、肥満のもとともなるインスリンの分泌を抑えることができます。また、さつまいもに含まれるクロロゲン酸が、糖質の吸収を穏やかにしたり血糖値の上昇を抑えてくれたりする点でもダイエットに向いている食材といえます。

▼腸内環境の改善にも効果的
さつまいもは食物繊維を多く含む食材です。そのため便秘の予防や解消が期待できます。また、さつまいもに含まれている「ヤラピン」という成分が腸の働きを活発にし、便が柔らかくなり便通改善につながります。

さつまいもダイエットを成功させるために覚えておきたいコト!

 (3463)

・食べすぎに気を付ける
いくらさつまいもがダイエットに向いているとしても、食べすぎてしまったら意味がありません。さつまいもは150gを目安(スーパーなどで売っている大きさのサツマイモの半分くらい)にし、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

・さつまいもは皮ごとがよい!
さつまいもは皮と実の間にアントシアニン・クロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれているため、可能であれば皮ごと調理することが望ましいです。これらは抗酸化作用があり、健康や美容に気をつかうのであればしっかりと摂取しておきましょう。

・飽きてきたらさつまいもの種類を変えてみる
さすがに同じさつまいもを毎日のように食べていると、飽きてしまうこともあるはず。そんな時はさつまいもの品種を変えてみるのも一つの手です。同じさつまいもでも品種によって食感や味わいも変わるため、ダイエットの天敵となる飽きを解消することができます。

今年の秋はさつまいもで痩せる!

無理なダイエットは続かないばかりか、健康にも悪影響を及ぼしかねません。さつまいもを使ったダイエットであれば、美味しい食事を楽しみながらダイエットが可能です。ダイエットでお悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか。ただし、いくら美味しいからといっても食べすぎてしまっては意味がないので注意が必要です。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

正しい保存方法で食材をおいしく長持ちさせよう

正しい保存方法で食材をおいしく長持ちさせよう

「野菜や卵などの食材は、数日分買い溜めして保存する」という家庭は多いでしょう。しかし、買った食材を正しく保存できている自信はありますか?食材の鮮度がどのくらい長持ちするかは、保存の方法によって大きく左右されます。食材ごとの正しい保存方法をご紹介します。
今からでも間に合う!?くびれを取り戻すストレッチ!

今からでも間に合う!?くびれを取り戻すストレッチ!

もうすっかり暑くなり、薄着や水着の季節になりました!しかし、「ダイエットが完了していないから体を晒すのに抵抗が……」という悩みを抱えている方も少なくないのでは?もしかしたらその悩みは、ちょっとしたストレッチで解消できてしまうかもしれません。そこで今回は、直前でもまだ間に合うくびれを取り戻すストレッチをご紹介していきます。
「しっかり食べる」がコツ!リバウンドしないダイエット!

「しっかり食べる」がコツ!リバウンドしないダイエット!

段々と暑くなり、服装も薄着になるこの季節。「ダイエットしなければ!」と考えている方も多いはず。しかし、ダイエットは正しく行わなければ、リバウンドしてしまうだけでなく健康にも害を及ぼす恐れがあります。リバウンドせず健康的に痩せるためには、栄養摂取のバランスを心がけることが大切です。そこで今回は、「しっかり食べるダイエット」についてご紹介していきます。
週末農業を趣味に!作物に癒やされる休日

週末農業を趣味に!作物に癒やされる休日

日頃の仕事に疲れて、休日は家でダラダラ過ごす、という人は少なくないでしょう。もちろん休息をとることは大事ですが、ぼ~っとして何をするでもなく休日を送ってしまう、仕事でたまったストレスがなかなか発散できないかもしれません。そこでおすすめしたいのが、作物に癒やされる休日を送れる、週末農業です。
好き嫌いが多い子に!苦手な食材をおいしく食べさせるメニュー

好き嫌いが多い子に!苦手な食材をおいしく食べさせるメニュー

子どもの好き嫌いに手を焼いているママは多いのではないでしょうか。中でも野菜は、子どもに嫌われる食材の代表格といえます。野菜にはビタミンなど身体に必要な成分が多く含まれているため、できればたくさん食べて欲しいもの。そのためには、メニューに一工夫が必要かもしれません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部