2019年4月18日 更新

ムダ毛の自己処理で起こる肌トラブルの症状と対策とは?

夏が近づくと、女性はダ毛が気になります。皆さんは、どのようにムダ毛処理をしていますか?おそらくカミソリで自己処理するという方がもっとも多いと思いますが、ケアを怠ったりいい加減な方法で剃ったりして、肌が炎症を起こすことも。今回はムダ毛の自己処理で起こる肌トラブルとその原因、対策をご紹介します。

98 view お気に入り 0

誤った自己処理は肌トラブルの原因に

 (4018)

ムダ毛の自己処理は手軽でお金もあまりかからないため、「ムダ毛はいつも自分で」という方も多いでしょう。ただし、いい加減な方法で行うと、カミソリ負けなどの肌トラブルの原因になることも……。

また、肌がガサガサしたり、毛が皮膚に埋もれて毛穴がポツっと赤くなったりする方もいるでしょう。このような症状を無視して自己流のムダ毛処理を繰り返すと、皮膚が色素沈着したりシワができたりすることもあるため、注意が必要です。

体質によっては金属アレルギーを起こすことも

 (4021)

体質によっては、ムダ毛の自己処理で金属アレルギーの症状が引き起こされることもあります。これは、カミソリによって削られた皮膚が、カミソリの刃の金属に反応するため。重症化するとアクセサリーによっても深刻な症状が出る可能性があるので、自己処理のたびに肌荒れしてしまう方は、一度病院でアレルギーの検査を受けてみてはいかがでしょう。

トラブルを防ぐための方法は?

 (4024)

自己処理による肌トラブルを防ぐためには、脱毛前後の十分なケアが不可欠です。まず、お湯で濡らしたタオルで肌を温めてムダ毛を柔らかくします。毛を剃る際は脱毛用のシェービングクリームを塗り、できるだけ刃が多く剃りやすいカミソリを使用して、ゆっくり丁寧に剃ります。

ムダ毛を剃ったあとは、保湿用のクリームで肌をしっかり保湿してください。最後に冷水で濡らしたタオルで脱毛した箇所をじっくり冷やし、炎症を防ぐのも忘れずに。毎回この手順を守ることで、肌の負担を大きく軽減することができます。

肌のためにはレーザー脱毛がベスト

ご紹介した手順によって肌トラブルのリスクはかなり回避できますが、肌が弱い方、金属アレルギーだとわかった方は、クリニックやサロンでのレーザー脱毛をオススメします。費用はかかりますが、永久脱毛の場合は完了すれば毛が生えてくることはほぼないので、肌を傷つけることなくムダ毛の悩みとお別れできます。こまめな自己処理の手間や繰り返す肌荒れにお悩みの方は、ぜひ検討してみてくださいね。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

赤身肉は美容にも効果的!?お肉を食べて美肌をゲット!

赤身肉は美容にも効果的!?お肉を食べて美肌をゲット!

美しい肌を手に入れるために、保湿ケアなど毎日のお手入れを行っている方も多いでしょう。しかし、より美肌を目指すのであれば、食事にも気をつかうことが大切。そういったなかで、実は赤身肉は美容に効果的な栄養素を多く含んでいることをご存知ですか?今回は、美容に効果的な赤身肉に含まれる栄養素についてご紹介していきます。
カミソリ?電気シェーバー?ムダ毛の自己処理とケアの方法

カミソリ?電気シェーバー?ムダ毛の自己処理とケアの方法

女性なら誰もが悩むムダ毛の処理。人にはなかなか聞きにくいだけに、自己流で処理をしている方も多いのではないでしょうか。しかし、自己流の処理を続けていると、毛の先が肌の中に埋もれる埋没毛や肌荒れなどのトラブルに見舞われることも……。できるだけ肌を傷つけず、きれいにムダ毛を処理するにはどうしたらいいのでしょうか?
メリットが多い!明日から早起きをしたくなる3つの理由

メリットが多い!明日から早起きをしたくなる3つの理由

「早起きは三文の徳」ということわざを、知らないという方は少ないはず。このことわざの通り、早起きをすれば多くのメリットを享受できます。ただ、具体的にどのようなメリットがあるかはっきりしないと、わざわざ早起きするのは辛いという方も多いでしょう。そこで今回は、早起きをするメリットを詳しくご紹介していきます。
今からでも間に合う!?くびれを取り戻すストレッチ!

今からでも間に合う!?くびれを取り戻すストレッチ!

もうすっかり暑くなり、薄着や水着の季節になりました!しかし、「ダイエットが完了していないから体を晒すのに抵抗が……」という悩みを抱えている方も少なくないのでは?もしかしたらその悩みは、ちょっとしたストレッチで解消できてしまうかもしれません。そこで今回は、直前でもまだ間に合うくびれを取り戻すストレッチをご紹介していきます。
「しっかり食べる」がコツ!リバウンドしないダイエット!

「しっかり食べる」がコツ!リバウンドしないダイエット!

段々と暑くなり、服装も薄着になるこの季節。「ダイエットしなければ!」と考えている方も多いはず。しかし、ダイエットは正しく行わなければ、リバウンドしてしまうだけでなく健康にも害を及ぼす恐れがあります。リバウンドせず健康的に痩せるためには、栄養摂取のバランスを心がけることが大切です。そこで今回は、「しっかり食べるダイエット」についてご紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部