2019年2月26日 更新

子どもに好き嫌いが多いのには理由があった!

出されたものはなんでも食べるという子どもがいる一方で、好き嫌いが激しい子どもも少なくはありません。お母さんやお父さんの中には、子どもの好き嫌いに手を焼いているという方も少なくないはず。しかし、実は子どもの好き嫌いには理由があるといわれているんです!子どもの好き嫌いに悩んでいるのであれば、まずは子どもが好き嫌いをする理由について知っておく必要がありますね。

1,184 view お気に入り 0

子どもの味覚は大人よりも敏感!

 (3578)

味には「五味」と呼ばれる5つの基本の味があり、それぞれ「甘味」「塩味」「酸味」「苦み」「うま味」に分けられます。その五味を感知するのが舌や口内にある「味蕾(みらい)」と呼ばれる器官です。この味蕾の数が多いほど味を感じやすくなります。

一般的に乳児の頃は舌や口内さらに唇にも味蕾があり、その数は約10,000個ともいわれているのです。しかし、加齢・喫煙・刺激物などによって味蕾は衰え、個人差はありますが成人では約7500~5000個、高齢になると約5000~3000個ほどまで減少してしまいます。そのため、味蕾の多い幼少期はちょっとした苦みや酸味などの嫌いな味を敏感に感じ取り、好き嫌いをしてしまうといえます。また、「大人になったら嫌いだったものが食べられるようになった」というのも、この味蕾の衰えに関係しているようです。

子どもは本能で食事をしている

 (3581)

子どもは食事の際に、「自分に必要なものはなにか」「なにが食べられるのか」といったことを目や鼻や口で本能的に感じ取っているといわれています。では、子どもは食べものをどのように感じているのでしょうか。

▼子どもは目で食べものの色を見ている
子どもの好き嫌いでは、緑の食べものを嫌い、赤・黄色の食べものを好む傾向にあります。これは、緑色に「未成熟のサイン」ということを感じ取っているからという理由があるようです。例えば、イチゴやリンゴなどの果物や稲は熟す前は緑色をしていますが、収穫時には赤や黄色に色づくことを考えるとわかりやすいかもしれません。

▼子どもは鼻でにおいの強さを感じている
子どもは食わず嫌いも多いものです。これは食べる前に食べもののにおいを感じているからといわれています。においが強いものには体に悪いのでは?と感じとります。また、腐敗しているものなどは特に強いにおいを発したりするので、子どもはにおいが強い食べものを嫌う傾向にあります。

▼子どもは口で味を感じる
これは当たり前ですが、口では味を感じ取っています。しかし、その感じ取り方は大人とは少し変わるようです。一般的に甘いものやうまいものが好きというのは子どもも大人も同じですが、子どもは「酸味を腐敗や未成熟の味」「苦みを毒の味」と感じているとされています。そのため、多くの子どもは酸味や苦みが強い食べものを嫌います。

無理に食べさせることは逆効果の可能性も

 (3584)

子どもの好き嫌いには理由があるとはいっても、「やっぱり好き嫌いは克服させた方がよいのでは?」と心配になってしまう方も少なくないはず。しかし、無理に食べさせようとすることは逆効果になってしまう可能性があります。

▼心理的なトラウマになってしまう
好き嫌いを克服させようとして、無理やり食べさせたり叱ったりしてしまうと、その出来事がトラウマとして残ってしまう可能性があります。それが原因となって、もともと苦手だった食べものが絶対的に受け入れられないものになってしまい、成長してからも好き嫌いを克服できない方も少なくありません。

▼味付けを重ねると健康を害す恐れも
味付けで嫌いなものの味をごまかして、好き嫌いを減らすという手段を使う方も多いはず。もちろん、こうした努力が悪いわけではありませんが、やりすぎには注意しなければいけません。確かに、油で炒める、たくさんのドレッシングやマヨネーズを使用する、濃い味付けをする、などをすることで苦みなどを消すことはできます。しかし、油脂類や塩分が多くなれば子どもの健康に悪影響となるかもしれない点も考える必要があります。

好き嫌いはおおらかな気持ちで見守って!

子どもの好き嫌いはただの偏食ではなく、子どもだからこその理由があります。そのため、多くの場合は成長とともに好き嫌いは減っていくはずです。「好き嫌いをなくすために、なにがなんでも食べさせる」と必死になる方もいるかと思いますが、無理やりな方法は逆効果になってしまうかもしれません。少し肩の力を抜いて、おおらかな気持ちで成長を見守ってあげましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どもが気に入る!手作り入園グッズのアイデア

子どもが気に入る!手作り入園グッズのアイデア

保育園や幼稚園に通う時に必要になるのが手提げ袋や体操着袋、お弁当袋などの入園グッズです。雑貨屋さんに行けば機能的な既製品がいくらでも手に入りますが、かわいい盛りのわが子の持ち物は手作りで用意したいという方も多いはずです。そこで今回はそんなお母さんに向けて、手作りの品を子どもに気に入ってもらうコツを紹介します。
カジスマ編集部 | 7,510 view
子どもにスキンケアって必要なの?

子どもにスキンケアって必要なの?

「子どもの肌はキレイだから、わざわざスキンケアをしなくても…」という考え方をする人は少なくありません。しかし、子どもの皮膚は大人と比べて非常に薄くて皮脂も少ないため、大人よりもずっと乾燥に弱く、外部の刺激にも敏感。実は、子どもにこそ毎日のスキンケアが必要なのです。乾燥しやすいこれからの季節に向けて、子どものための正しいスキンケアの方法を知っておきましょう。
流行中のTikTokとは?顔出し投稿のルールを親子で決めよう

流行中のTikTokとは?顔出し投稿のルールを親子で決めよう

今、若者の間で大流行中の動画共有プラットフォーム「TikTok」。TikTokで得た人気をバネに芸能界を目指す人もいるほど、若者にとっては注目度の高いアプリとなっています。しかし、投稿した動画は不特定多数の目に触れるため、動画をきっかけに予期せぬトラブルに巻き込まれてしまう危険も。わが子の安全を守るために、親としてできることはあるのでしょうか?
楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その2

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その2

這えば立て、立てば歩めの親心 などという川柳もありますが、さあ子どもがよちよち歩き始めると、いよいよ目が離せなくなります 行動にもスピード感が増してくるので、更なる安全対策を講じたいところです
楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

子どもの成長のスピードって目を見張るものがあり、いつの間にかズリ這いからハイハイ、つかまり立ち、ヨチヨチ歩きと、もう少しゆっくり育ってくれればいいのに、なんて思ってしまった方も多いと思います。でも、だからこそしっかり取り組んでおきたい安全対策、こちらは子どもの成長に遅れを取らないことが肝心です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部