2019年8月3日 更新

夏のお弁当で気をつけることは?傷みにくいオススメのおかずも!

気温が高く、湿度も高い夏の季節。お弁当を作るの際は、おかずの傷みに注意しなければいけません。せっかく作ったお弁当も傷んでしまっては台無しです。そこで今回は、夏のお弁当で気をつけるポイントや、傷みにくいおかずをご紹介していきます。

352 view お気に入り 0

とても傷みやすい夏場のお弁当

 (4579)

傷む原因となる細菌は、30~40℃付近で活動が活発になるといわれています。そのため、気温がその付近まで上がる夏場は、お弁当の持ち運びや保存には注意しなくてはいけません。傷んだお弁当は食中毒の原因となるため、「数時間だから大丈夫……」と安易に判断せずしっかりと対策を行うことが大切です。夏場にお弁当を作る際は特に、「細菌をつけない」「増やさない」「死滅させる」意識を持ちましょう。

お弁当を傷ませないためには

 (4582)

ではお弁当を傷ませないためには、どのような対策を行う必要があるのかを見ていきましょう。

調理前の手洗いは入念に!

当たり前のことですが、調理前はしっかりと手を洗うことが大切です。また、手を拭く際も清潔なタオルを使用し、できる限り菌が食材につかないようにしましょう。

お弁当箱や調理器具は十分に洗って乾かす

お弁当の中身にばかり気をつかいがちですが、お弁当箱にも気をつかう必要があります。パッキン部分なども外して十分に洗うことはもちろん、熱湯をかけての消毒も必要です。また、洗った後は風通しのよい場所で十分に乾かします。

水気はなるべく減らしておく!

細菌は水分を好み、生野菜などに含まれる水分で菌が増殖してしまうことがあります。煮物の汁などの水分にも注意が必要です。

殺菌効果のある調味料や食材を活用する

お酢や梅干しには殺菌効果があるので、それらをお弁当に使用することで痛みにくくすることができます。また、お酢をキッチンペーパーに含ませてお弁当箱を拭くことで、殺菌効果を高めることも可能です。ただし、アルミ製のお弁当箱などはお酢で腐食してしまう場合があるため注意しましょう。

傷みにくいお弁当のおかずは?

 (4593)

夏のお弁当に入れても傷みにくいおかずをいくつかご紹介していきます。

揚げ物系

中までしっかりと熱を通す揚げ物は、お弁当に入れても傷みにくいおかずです。唐揚げやフライなどはお弁当にもピッタリでしょう。ただし、傷みやすい芋類を使用したコロッケなどは避けた方がよいでしょう。

生姜焼き

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この夏は浴衣でお出かけ!きれいに見える浴衣の着付けポイントをご紹介!

この夏は浴衣でお出かけ!きれいに見える浴衣の着付けポイントをご紹介!

夏といえば浴衣を着てお出かけしたくなる季節!とはいえ、普段から着なれない浴衣の着付けは難しく感じるものです。そういった点で、浴衣を敬遠してしまう方も少なくないのでは?そこで今回は、浴衣をきれいに着付けるポイントや、簡単に着付けるコツを紹介していきます。
夏に発生するコバエを駆除!おすすめの対策方法とは?

夏に発生するコバエを駆除!おすすめの対策方法とは?

暑くなると水場などで増えるコバエ。コバエが飛んでいるといい気持ちにはなりませんし、衛生的にも心配になってしまいます。そこで今回は、暖かくなると増える厄介なコバエの対策を紹介します。
カジスマ編集部 | 19,224 view
暑いけど冷房は苦手!部屋を冷やすにはどうしたらいい?

暑いけど冷房は苦手!部屋を冷やすにはどうしたらいい?

35℃を超す日も珍しくなくなってきた日本の夏。室内の温度を下げるため、最近では冷房が必須となりつつありますが、「冷房は苦手!」という人も決して少なくはありません。では、冷房を使わずして部屋を冷やすためにはどのような方法があるのでしょうか。今回はその方法についていくつかご紹介していきます。
カジスマ編集部 | 1,296 view
暑さに負けない!夏の疲れを解消するレシピ集

暑さに負けない!夏の疲れを解消するレシピ集

もうすぐやってくる夏!夏の厳しい暑さにやられて、バテてしまうという方も少なくないはず。そんなとき、「何か食べなきゃ」とは思っていてもなかなか食欲もわかないこともあるでしょう。そこで今回は、夏の暑さでバテていても食べやすく、栄養がしっかり摂れるようなレシピを紹介していきます。
暑い季節に向けた西日対策!

暑い季節に向けた西日対策!

暑い夏。部屋の中は少しでも涼しく保っていたいものですが、強い西日が部屋に入ると室温の上昇はもちろん、床・家具・衣服などの日焼けの原因になってしまいます。そこで今回は、今からでも簡単に取り入れることができる西日対策を紹介していきます。
カジスマ編集部 | 1,342 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部